金かけすぎ

1553 letters | 736 views | コメントする

例えば100万円のマジコンを買えば全てのゲームが将来にわたって快適に動くとする。
ゲーム自体はコピーで入手し、今後一切買わなかったとしても、
もともと100万円分もゲームを買う予定などないから、逆に損をすることになる。
そんな元も子もない状態に今なりかけているのかも。



携帯電話は充電器の使い回しをしたいと言うことと、さほどこだわりがないということとで、
何年もソニーからソニーへと買い換えているのだが、外部メモリーの差し込み口はない。
たとえ次に買う携帯が外部メモリーに対応したとしても、ソニーだからSD系ではない。
だからあたしにとってSDは全く無縁だったのだが、
DS買ってから既にMiniSDを二つ、MicroSDを二つ買っている。
しかもマジコンも二つ買っているというのに、さっきもう一つ注文してしまった。

全部でゲーム何本分だろうな。
しかしマジコンが存在しなかったらDSすら買わなかったわけで、
ゲームではなくマジコンを楽しむためのDSとその他一式なんだからそんなものかな。

今度の買い物は今度こそ本当に本当の無駄遣いだろうな。
Ninjapassは最初はもっとアヤシイものだと思ったのに、なぜか売れまくり、
実際に動作率が上がってしまうと面白くなくなってきた感じがしている。
そのせいでつい刺激を求めてしまったか、AceKardを注文してしまった。
ドラキュラがフリーズするかどうか、読み込みが遅くないかどうか、
X9の苦手とするゲームがAceKardで動くかどうか、買って確認したくなってしまった。
もう本当に完全にゲームよりマジコンを楽しむ気なんだろうな。

でな、どうしてAceKardとX9TFかというと、この二つは間違いなく他のマジコンとは違う。
PC側クライアントソフトでパッチするタイプのマジコンと、パッチ不要のマジコンがあるが、
そのパッチ不要マジコンのうち、読み込みながらパッチも行うタイプのものと、
本当になにもしないでそのまま動かすタイプの物に分かれる。
その見分け方が、セーブタイプを決めてあげる必要があるかどうかなのだ。
証拠は何かといわれても困るが、そうでないと現象の説明が出来ないからな。

ともかくセーブタイプを自分で決めるタイプのこの二つは断然「買い」だ。
将来は当然もっといい物が出るだろうし、この二つだけが特別面倒でダメなマジコンだろう。
NinjaDSとかもダメに感じるが、あっちの駄目さはベクトルが逆って気がして嫌だ。
DS-XもDSLinkも、中身が他のマジコンと大差ないような気がして興味がない。
もしAceKardに飽きても他に買うべきものにはならないだろう。

ということで無駄遣いしてしまった自分を納得させよう。
本当はダメだ。
買わないって言ってた物を買ってしまって正直言って無駄遣いだ。

んでも、X9でセーブタイプが検証し尽くされて落ち着いた感じがしてきたおかげで、
AceKardのセーブタイプを手動入力する際に参照できるからね。
やっぱり両方欲しいわい。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。