FF携帯機完全移植

2151 letters | 518 views | コメントする

FF1のリメイクはとても面白かった。
パーティー編成変えて何回かやり直してもまだ面白かった。
ただやはり、追加ダンジョンは気が遠くなるほど長い廃人仕様で、
たまに買った一つのゲームをずっと遊ぶっていう人ならいいが、さらっとな人はやめちゃうかも。
一緒に入ってるFF2は、ファミコン版をやりすぎたせいか大した刺激を感じなかった。
クリア後の云々も、クリア前の場所に戻ることが出来ないからすぐ飽きておしまい。
ファミコン版の方がシステム的に面白いと思う。
これを買った人はきっとFF2終わらせたらFF1だけをずっと遊ぶっていう事になるんだろうな。



FF2ではサブメンバーが現世に戻れないが、FF4は自由に入れ替え制で良さそうだった。
しかしいざやってみると、オリジナルのメンバー以外に使いたいキャラがいない。
FF2ではレオの替りにミンウを入れたいとか思うけど、そこまでの愛着がFF4サブキャラにはない。
ミンウはたぶん、序盤でスタメンより活躍してくれたこと、ミシディア徒歩のせいで愛着が湧いた。
それに比べてFF4はハゲ、貧弱、翁のような中途半端な活躍、パロムポロムの半人前さ。
しかもバグで戦闘バランス崩してるので、これもオリジナルの方が面白いかも。

ほいでDSのFF3は普通に面白い。
普通にやってたら普通にレベルが上がって、あまり危険を冒さず楽々と進行しちゃうようになった。
しかし基本的なシステムは昔のまま変わらず、なくても遊べるオマケ程度に追加要素あり。
倒しても何もない強すぎる隠しボスと、各ジョブ熟練度MAXの時にご褒美アイテムがある。
その追加要素が通信必須なせいで多少評判を落としてるようだが、なくても普通のFF3だ。
その普通のFF3が基本はポリゴンで動くので、演出が無駄だとか思わないなら面白い。
昔の攻略本を出してきて、比べながらのプレイでご満悦。

さて、ようやくFF5が移植され、来月はFF6も出るが、両方とも今は興味が失われた。
DS買う前は結構楽しみにしていたのだが、他のゲームをやるという選択肢が出来たらイマイチ。
例えばFF4は、レアアイテムの入手確立が厳しすぎ、スーファミ版で未練を残したので、
再チャレンジみたいな感じでアドバンス版に期待したわけだ。
実際、FF4は何度もやり直している。
しかしFF5の方は、青魔法を取りこぼすなとか、全ジョブ極めてすっぴんみだれうちとか、
情報とプレイ時間さえあればどうにでもなってしまった感じがして、
その内容にジョブ追加されても、どうせ全部極めるなら一つ一つはどうでもいいって気になるし、
追加ダンジョンへ行ったところで面白くなりそうな予感がしない。
青魔法とか回収率とかジョブとか、コンプリートが目標のゲームだったのかな。
FF6にいたっては、スーファミで大して面白いと思わなかったから、リメイクにも期待なし。
色々取り返しのつかない要素が多く、遊んでるんだか遊ばされてるんだかって感じが嫌いだった。
シャドーもガウも、キャラは好きだが作業を増やすだけの存在って感じだし、
格闘ゲームの流行で面倒なキャラもいたし、そういうキャラは使わないで進行させたいのに、
2パーティー編成させられて愛着のないゲームをやらされたと感じた。

もちろん、どこのメーカーだかわからない所や、キャラゲーしか作れない所より、
たとえ旧作のリメイクでもFFを買っておいた方が、初めてなら十分にゲームは楽しめるはず。
しかしこのFF5とFF6によって、あたしはFFに対してあまり魅力を感じなくなり、
プレステよりサターン、FFよりナイツを選び、FF7、8、9と続けてお休みした。
今さら、しかもスーファミよりボタンが少ないアドバンスでやる気はイマイチ起こらない。

せっかくアドバンスで期待のFFシリーズだが、まだまだDS専用ゲームで遊ぶ事になりそう。
今一番の注目はカスタムロボ。アドバンス版は面白かった。

B000BRXXVA
B000BRXXVA

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。