亀猿のペースになった

1630 letters | 546 views | コメントする

一般の人にもボクシングを見る目はあるなと、いったん感心してみたものの、
やっぱり全然わかってないで同調してるだけの人ばかりだったんだな。
親の顔を見ない日はあっても、サンドバッグとオナニーは欠かしたことなかったあたしから見て、
あれは判定まで我慢して立ってただけの試合であり、
立ってるだけならサンドバッグがチャンピオンになるべきで、
ダウンしたりクリンチでしのぐ亀猿は、サンドバッグとやっても負ける最弱の王者なのだ。
なぜ勝ったかと言えば、インチキをした以外に可能性はない。
証拠は試合内容。
インチキもまずいが、あれだけの実力差でヘッドギア無しで試合させたこともまずい。
あれがで通せるなら、まともにがんばってるボクサーはWBAに関与すべきではない。



あたしに言わせりゃやくみつるもガッツもグルみたいなものだ。
まるで八百長がなかったかのような可能性を残す発言は全てウソだ。
間違いなく正真正銘の八百長だ。

ガッツはガッツで、ハッキリ八百長だと言わないせいで、
八百長ではなく審判の力量不足とか誤審とかの話にされてしまった。
あれは誤審ではなく仕組まれたものなのだから、審判の力は関係ない。
わざとやったものなのに、まるで事故のように処理しようという流れになってしまった。
別のスポーツでも誤審が続いたため、すっかりそういう流れだが、これは全くの話。
ガッツも大人としての配慮があってそうなってしまったのだろうが、
元王者なんだからハッキリと八百長はダメって言って欲しいよ。

そして問題は勝谷氏とかやく氏のように、ドラマの登場人物に礼儀を求める勘違い派。
タイトルマッチ自体がTBSドラマであって、フィクションだし演技だし役者なんだから、
その登場人物の言動に文句つけるのはおかしい。
高倉健が映画でケンカしたら、ケンカは良くないと叱るのか?っちゅう話だ。
それこそ現実とフィクションの境界線がわかっていない。
八百長とは嘘っぱちのことであり、亀猿は礼儀しらずも含めて全部嘘のフィクションなんだ。
礼儀知らずを演じるのはなんの問題もなく、タイトルマッチを嘘で汚した事だけが問題。
許せないのは八百長なのに、わざと礼儀の話をしてごまかそうとしてるのでもあるまい。

親亀やTBSが言ってる、亀猿の態度が問題だったとか、KOを期待したのが悪かったとか、
そんな話は全く関係なく、誘導されるのはイカサマ軍団の思うつぼ。
たった一つの答えは、ヤクザの誕生日にタイトルマッチと称して八百長ショーをやったということ。

再戦なんかしなくていい。どうせ何度やっても八百長で勝つんだろ。
まぁ、八百長が楽しみで余計見るだろうけどね。

疑惑とか微妙とか言う人は亀猿をかばってるようなもの。
あんな微妙でなくハッキリした、疑惑の余地もない八百長は初めて見た。
ズバリ八百長ですよね、否定しても見たまんまだから無理だね、さよなら、でいいじゃん。

なんかもう、あんなハッキリした八百長が、八百長疑惑で終わりそうな亀田ペース。
そして、次は八百長しないで勝つんじゃないかという亀田ペース。
うやむやで終わりにしちゃいけないことがうやむやになりつつある。
納得いかない。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。