真魚2.16

1932 letters | 536 views | コメントする

といっても、今日や昨日のあたりには何の更新作業もしていない。
W杯前に、バグを見つけて修正したのと、色分けを少しいじったのとだけ。
それを今更になってアップロードしただけ。
W杯もそうだし、サッカーのゲームも始めちゃったし、日中も余計なことで手が離せない。
今日アップしなきゃまたなんか変なことに突入しそうなのでとりあえずやっておく。



先日、真魚を.NETで作った時代のソースコードを見せろと言うメールが来た。
見せろと言われて誰にでもすぐ見せれるならアップロードして公開しとるって。
ライセンスがらみで、真魚は一切無視しようと言うことで公開してるが、
既に凍結してあるぎょえについては、今更それをもう一回調べるのも面倒すぎ。
そもそも、VCLからのパクリ移植みたいな事したクラスもあるしな。
それがどうしても必要なら、友達になって信頼できる間柄になってくれ。そしたら送るよ。
しかし既にそのメールにはいろんな面で不快感を感じているわけだが。
そのメールから学んだこともある。それは、サイトナビゲーションの至らなさだ。
おそらく、この人は「ぎょえ」のページに至ることが出来ず、その名称を出せなかった。
そのページに到達できれば、ソース公開できないが、あえて隠してはいないとわかるはず。
逆アセンブルでソースは丸見えの状態であり、作者自身が推奨しているわけだし、
ぎょえはC♯で書かれているけれども、VBに変換して見ることも出来るし、
素直にバイナリを覗いてみろよと。
この人がどのページを見て、かつて.NETで作成していたと知ったか、
しかもそのページを見てもぎょえには到達しないという状態で、
かつ、メールでソースコードを見せろと言えば、誰にでも見せると思わせそうなページがあるか?
ともかく、あたしゃ誰かの役に立とうとしてやってるわけじゃないんだよ。
あたし好みのテキストエディタを、あたし以外の誰かに作らせて、更新やめて楽したいんだ。
自分のためになるようにするには他人をどう導くか、と言うことしか考えてない。
将来、テキストエディタを作る人が、ちょっとでも真魚に慣れてれば、
その新しいエディタも真魚風の操作になるかも知れないわけで、
そうすればあたしゃ真魚の更新をやめても、誰かがあたし好みのエディタを作ってくれるかも。
ソースだって、面倒なところを丸写しすれば、その部分は丸々残っちゃうわけだ。
つまり、直接指示ではなく、潜在的に自分の下僕を増やそうという画策なのだ。
本体は初心者向けだが、ソースはテキストエディタを作れそうな人向けだ。
身分証明として、自分でどこまで作ったかを見せて納得させてくれ。
あと、メアドには到達できたが掲示板は見つけられなかったんだなと読み取れた。
これももうちょっとわかりやすく導かなきゃダメだろうな。
そのメールには多少の憤りもあって返信してないので、言いたかったことを書いてみた。

あと、なんか用語が自分でも間違って使ってるので整理しておく。
正規表現でBackwardという言葉を使っているわけだが、これを前方と訳すか後方と訳すかの話。
Backwardは、文章のより初めの方であり、終わりの方を指すのではない。
日本語で文章の初めの方を指すのは「前」であり、終わりの方は「後」である。
前に出てきた、後から出てくる、というのが日本語での自然な表現だ。
だから、テキストを扱う場合に限り、英語のBackwardは、日本語で前の方と訳さなきゃ間違い。
よって前方参照とするのが一応正しいはず。
でも、これって豆腐と納豆みたいなもので、腐った豆は納豆なのにおかしいって言ってもな。
どっちが本来正しいかではなく、Backwardと言ったら後方ってしちゃうのが正解かも。
と言うわけで整理はつかなかったので、これからもあいまいで。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。