道具の沼にハマりそう

あたしの筋トレはインターバルなしの全身サーキットで、次々に違う種目をやる。
同じ種目を連続でやらないなら、ギアを付けたり外したりは非常に面倒な作業となる。
引く種目でパワーグリップを付けて、押す種目でリストラップを巻くとか面倒すぎる。
面倒くさいし時短にもならない。
結局、パワーグリップは使うのをやめて、リストラップは巻きっぱなしで全種目やる。
ちょっと前まで手首が痛かったので、効いてるかどうかわからなくても安心のために巻いてた。
最近は巻くのをやめて、押す種目は痛くないけど、懸垂で手首に負担があるように感じる。
現時点では巻くべきなのか不要なのかよくわからなくなった。
そしてパワーグリップをやめてからは手のマメが謙虚に育っている。
筋肉よりマメが育って、暇なときに爪で引きちぎったりしている。
ただ、血豆ではなく硬くなってるだけだから、別に痛いとか不便とかまでは感じていない。
このままいくら硬くなろうが、強くなることは良いことだとむしろ歓迎している。
そこへYouTube動画で手首を絞めるグローブを紹介してるのをみて、これも良いなと思った。
全種目で付けっぱなしにするなら、パワーグリップとリストラップを兼用出来そうな気がした。
パワーグリップよりも劣るしリストラップよりも劣る中途半端なものになるかも知れないが。
握力が先に死ぬ場面で少しでもサポートになり、手首も気休め程度に圧迫してくれれば良い。
どうせ何を装着すべきか見失ってたところなので、次はグローブを試してやろうかと。

所有しているパワーブロックの類似品は、構造上パワーグリップやストラップを使いにくい。
メーカー側もそれを認識してるから、セットでグローブを売っている。
あたしはそのセットのグローブは付けないで買ったけど。
指が露出してるとは言え、筋トレするときに手袋を付けたら暑くてやってられないイメージだった。
ほとんどの筋トレ用グローブは暑そうなんだよ。
けどいくつかは、なるべく布面積を小さくしてるやつがあるんだわ。
その中で、ドイツ語のレビューがいっぱい付いてるやつを注文してみた。
中国人が書いた日本語風レビューがいっぱい付いてたら怪しいが、ドイツ語だとどうなんだろうか。
あたしはそもそも読めない。

まだ届いてないけど、むしろ手にマメを育ててるんだよなぁってのが気がかり。
手のひらを鍛えてるんだよ。
グリップの助けになることは期待するが、マメを防止はしない方が良いとか思ってる。
手袋がなきゃ手のひらが弱くて筋トレできないって状態はイメージが悪いわ。
付けなきゃケガするギアは付けるべきだが、そうでないものはなるべく付けたくない。
使ってみてどの程度グリップを助けるかで、使うかどうか決める感じになる。
そう言う効果がないなら間違えて買ったと言うことで勉強代かな。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。