生卵からめ麺

広島で、汁なし担々麺をスキヤキのように生卵に付けて食うことを知った。
麺に卵をかけてて混ぜちゃうんじゃなく、あくまで麺を卵に付けて食う。
後に家でカップの汁なし担々麺でやったけど、まずそれを気に入ったのね。
そしたら別に汁なし担々麺に限らず、カップ焼きそばもそれでからめて食うのがうまい。
のみならず、カップ麺も卵にからめて食うのがうまい。
これまでのあたしのフェイバリットは、カップ麺に卵入れちゃう月見スタイルだった。
卵は乳化剤であり、追加の油をスープに溶かす役目も果たしている。
特に最近はとんがらし麺を買いだめしてて、ずっと月見で食べてた。
その月見にしてた生卵を別の容器に入れ、付けて食べるスタイルに変更。
これもうまいなと思ってる。
子供達もペヤングをそうやって食べるようになった。
さすがにラーメンまでそうやって食べてるのはまだあたしだけ。
そんなあたしでも、釜玉うどんはアンチなのよ。
ちゃんと、卵なしで成立する味に卵を追加するから良いんだわ。
スープのあるうどんに生卵追加して、月見にしないで付けて食うなら興味ある。
気になるのは牛丼の卵で、あれもかけちゃうんじゃなくてつけて食うのかなって。
あ、それがすき焼き丼って事か。



たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。