ヒット数ゼロまで絞り込む

ネットのショッピングで、商品一覧から価格で絞込をかけるよな。
たとえばテレビが欲しいとしても、5万円以下だけ表示しろみたいに。
それから録画機能がついてるやつを絞ったり、国産メーカーのやつに絞ったりする。
日常生活の中で、男女が性の対象として、何歳から何歳までの絞込検索をやっている。
ストライクゾーンとも呼ばれる。
まるでネットショッピングのように、付き合いたい相手かどうかを品定めする。
えっとまずは年齢帯を選んで、次は収入を選んで、とかってやってるんだろ。
大量に存在する独り身の人間を、絞り込み検索で少数に絞っていく。
だがたった一つの、ある絞込項目をつけるだけで、ヒット数がゼロになっちゃう。
「相手が自分を選んでくれること」これだけ。
ショッピングは自分が選べば買う事ができるが、恋愛は相手も選ぶから面倒くさい。
自分が絞り込んだ相手がいても、その相手が絞り込んだ中に自分はいない。
それで結局、お互いに検索がヒットしませんで、お互いにショッピングされない。
売れ残った服を買ってやろうとしても、売れ残った人間に買われてやろうと相手も思う。
お互いに別に欲しい服じゃないが、着るものがないよりマシだと妥協して選ぶ。
それか、欲しくない服を着るくらいなら全裸でいることを選ぶ。
その全裸が珍しければ全力で服を探すが、大勢が全裸なら自分も全裸を選びやすい。



かなり無理ゲーだと思うわけよ。
一人しか選べないんだろ。
あたしが女だったら、たくさんいる男の中からあたしを選ばないよ。
ほとんど全員が同じ感想だと思うよ。
全人類からたった一人を選ぶのに、絞り込んでいったら自分になるわけないだろ。
あなたは人類最高の男ですか、人類最高の女ですか、んなわけないだろと。
相手の絞り込み検索に自分が引っ掛かるという事が、そもそも無理ゲーすぎる。
無理じゃないとすれば、お互いに人類最高じゃなくて良い場合だ。
妥協に妥協を重ね、ほとんど話もあわず面白くもないけど、異性だから良しって人。
その位じゃないと成立しないよね。
やらせてくれるなら結婚します、子供が産めるなら誰でもいいです、ぐらい。

無理ゲーだからって参加しない人が多いわけよ。
いやたぶん、参加してみて無理だから離脱してるんだよな。
最初から参加したくないんじゃなく、参加したいけど無理なんだよな。
うん、無理なんだよ、人類最高同士のたった二人しか勝てないゲームだ。
勝とうとしてはいけないゲームって事よ。
まるで、結婚した人達が勝ってるように見えるだろうが、どっちも人類最高じゃない。
手の届く範囲の最高であり、身の程をわきまえた最高だから。

あ、一番言いたかった事は服が人間を選ぶっていうくだり。
服を選ぶ人間のつもりでいるやつが、実は売れ残ってる服の方だ。
もしくは人間として売れ残ってるのに服を選んでたらずっと全裸だよ。
いや全裸が好きなら良いけど、服に選んで貰えないと、服は買えないからね。
絞り込み検索はいらないよ。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。