Firefoxから生き方まで

Firefoxが大規模に変更され、旧環境の良さを新環境に全て持ってくることは出来ない。
特にあたしの場合、Firefoxが良くて使ってたのではなく、アドオンが良くて使っていた。
Firefoxのレンダリングエンジンで、Firefoxじゃないブラウザを使う感じだった。
今じゃ、FirefoxのレンダリングエンジンではFirefoxを使うしかなくなったようなもの。
自分の使っていたブラウザが消滅したと言っても良い。
アドオンにあまり自由にさせる事で生じる問題を反省して、出来る事を制限したわけだよ。
どの世界でも、便利になるほど危険になるし、危険を回避すれば不便になる。
これまで無視してきた危険を、これからはちゃんと意識して回避するべきだ。
気がつかずにさらされていた危険から、気がつかないまま守られる環境に移行した。
ただしその分、だいぶ不便になったけれども、危険にさらしておくわけに行かないんだ。
こんなとき、危険じゃないから便利にしろって言う人がいるよな。
何もわかってないから危険を理解することも出来ないし、もう便利を捨てられない。
捨てられないのは便利ではなく、「今まで通り」であり、老いて適応能力がないんだ。
でもそれは自分が適応するのではなく、環境が自分にあわせれば良いという傲慢だ。
老いたことを言い訳にして、思い通りにしたいというわがままを言ってるんだ。
あたしはそう言う老人達を強く軽蔑している。
今回は環境が変ったんだから、環境の中でどうするか答えを出していくしかない。



アドオンでは制限されてしまった事の一部が、設定ファイル記述でどうにかなる。
ただしその方法が公式に一般公開されてなくて、誰かが勝手に書いてみてる状態だ。
誰も責任はとらないし、本体が仕様変更されて急に使えなくなる事もある。
そういう事情ならなるべくいじらない方が良いし、玉石混淆で拾った物も危ない。
ただし自分で理解出来る範囲で、変更があったら自分で対応出来る範囲なら大丈夫。
と言う事で、いじりたいところがあるからググってたら、ついにGoogleに叱られた。

なぜ叱られたのかをググったら、あたしのググり方が他人とは違うんだってよ。
そりゃそうだわ、他人の知らない事を知ろうとしてググってるんだもん。
みんなが知ってることをそんなにしつこく詳しくググらなくても出てくるでしょ。
誰もググらないようなことを、マニアックに少しずつ言い方を変えてググりすぎ。
人間ではなく、プログラムで自動でググらせて、検索結果を操作してる疑いだってさ。
あたしゃてっきり、Firefoxを変にいじったから失敗して叱られたのかと思った。
日本語じゃ情報が少ないので、英語に切り替えてググった直後に叱られた。
英語に切り替えるために「ロボットではありません」チェックをしたんだと思った。
でもそれはネチネチ、検索ワードや検索言語を変えて繰り返しググったからだな。

Firefoxもだが、Googleもどんだけ不便になったのよ。
しかし不便は他のもっと重要な何かとのトレードオフなんだろ。
その不便にも我慢出来ないし、Google以外の他社を利用するという事も出来ない。
だからってわめき散らして文句を言い、自分を社会にあわせられないのが人間だ。
他人に自分の美徳を押しつける気はなく、そう言う人に改めさせようとも思わない。
とにかく自分にとってFirefoxもGoogleも不便になり、受け入れるしかない。
同じような事はたくさん起こるし、同じように受け入れて自分を適応させるのが得策。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。