adobe課金やむなし

無料のフラッシュツールに限界を感じ、adobeのAnimateを使って見た。
慣れのせいかかなり使いにくいので、出来れば使いたくない。
試用期間は一週間ぐらいだったと思うが、切れたらフォトプランの案内が来た。
Animateの試用なのにフォトショップの案内で、980円だよってまぎらわしい。
実際は月額3180円だが、一年だと2180円×12となる。
月額って言うのも日割はどうなるのかなど気になるところはよくわからない。
ライバル不在の殿様商売による、まぎらわしい罠の臭いがプンプンする。
そして、もしAnimateを使うならIllustratorで絵を描けばレイヤー分けが便利だ。
Illustratorも試用してみたが、Inkscapeに慣れすぎてすごい使いにくい。
Inkscapeだから描けてたキャラが、イラレでは全く描けない。
Adobe製品がそもそも体に合わないようだ。
あわなくても競合する代替品がない場合は課金するしかないけど。
単体ソフト2本だと月額6360円で、7980円出せば他のAdobeも全部使える。
全部って言うとお得な気がしてくるけど、どうせあと使うものないんだよね。
サウンド編集にAuditionと言うのも試して見たがこれも体に合わない。
なにより、一番試して見たかったフォルマントシフトが、体験版だからか機能しない。



いやもうほぼ課金寸前で、どう課金するかって言う状態まで来てる。
一年縛りの携帯料金だと思えば、全部のせ4980円×12なんて大きな負担ではない。
12ヶ月も使わないだろうから困るんだよな。
やっぱりAnimateとイラレのみ、とりあえず一ヶ月で6360円が現実的だろう。
ただ、イラレでInkscapeのように馴染む自信がない。
ケチってAnimateのみにするなら、我慢してSuzukaを使うのとあまり変らない。
両方使うと、イラレのレイヤーをAnimateでも認識出来る。

でもさ、大した物は作ってないんだよ。
6360円分も使わないよ。
一ヶ月でどれだけ創作できるかとかやってみないとわからない。
やっぱり一週間の試用期間は短すぎる。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。