キャラより背景の方が難しい

Inkscapeで絵を描いてたら、テレビに入るアニメの見方が変ってしまった。
新しいアニメほど見覚えのあるベクター画像で、古いアニメは手描きだなと感じた。
やっぱり線の太さが一定だと、いかにもパソコンで描いたって風に見える。
まぁプロはInkscapeではなくイラレで描いてるんだろうけど、基本は一緒だろ。
ベクター画像で描いてフラッシュで動かしてても不思議じゃないようなアニメがいっぱい。
そういうのを見ちゃうと自分でも出来そうって思うけど、まだまだ課題が山積みだ。
その、自分で作ろうと思ってアニメを見て一番難しいと思ったのは背景だ。
キャラは落書きでもかけるけど、なんせ背景を落書きする事に慣れていない。
それも一枚描けば良いのではなく、シーンが変るごとにたくさん描かなければいけない。
その上、キャラのアップの時は背景もアップとかして使い回す。
たしかに、落書きや漫画には背景がない事が多いけど、アニメは背景が必ずある。
そうか、ここが決定的な漫画とアニメの違いか。
まぁ、とりあえず一枚は背景を描いてみたけれど、全然イメージを再現できない。
というか、イメージ自体が貧弱だから、イメージを全て再現しても完成しない。
何じゃこりゃ。



でも背景とキャラを並べてみると、なんかこれでいい気もしてきた。

一応これでも和室、畳、木の廊下、縁側、ブロック塀な感じ。
いやぶっちゃけサザエさんの波平が盆栽をいじってるところ。
うん、そうかじゃぁ盆栽を書き込めば良いな。
池とかあれば庭に見えるだろうか。
畳が単なる緑色の床に見えてしまうのは困った。

そして困った事に、無料のSuzukaでキャラを左右逆向きにする方法がわからない。
逆向きキャラにも口の動きなどが存在するので、何枚も読み込みたくないなぁ。
その口の動きだって、レイヤーを別で描いてるのを出したり消したりしたい。
やっぱりそう言う贅沢を言うと無料じゃ厳しくなるんだろうか。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。