ウムティティのタックル

ワサコレの一平はコーチカードもでるから、超強化を待たずにウムティティが極まった。
ウムティティが来ることを想定してDFのコーチカードを貯めてたしな。
そして今はスアレスが来ることを想定してコーチカードを温存している。
イベント終わった時点で何も収穫なければ売る。
これまでコスト30のEUSシュクルテルを使ってきたが、ついにウムティティに変更された。
これでCBのコストは32、33、34となり、全員がSB適性も持つタイプだ。
つまりステ配分が守備に特化したものではないため、コストの割にザルとなるはず。
コスト30で守備特化の☆5コシールニーもいるのに、育てる気になれないでいる。
おそらくコストよりもステ配分やスキル構成を見るべきだが、イマイチ興味が湧かない。
例えばCBを変更したら劇的に何か変ったりすればやる気は出るんだけどな。
今回のウムティティに関しても、コストの数字が上がったのみで、違いがわからない。
チェイシングかタックルかの違いすら見分けがつかないという話。



SPGのウムティティがタックルだから、SPSのウムティティもタックルなのは間違いない。
後ろからも行けばチェイシングらしいけど、タックルも後ろから行ってる。
前からしか行かないならタックルはハズレスキルかなと思ってたけど全く同じ。
試しにBスキルのタックルも観察してみたけど、やっぱり区別がつかない。
しかし、負けるときにスライディングして抜かれるシーンがちょっと気になった。
え?タックルなのにスライディング?と思ってググったら、そっちが正しいみたい。
タックルってショルダーチャージのスキルだと思ってたわ。
少なくともワサコレでの解釈はショルダーチャージじゃない事になるな。
若干チェイシングよりドンとぶつかってる気がしてたが、全くの気のせいだったかな。
じゃぁ、後ろからスライディングしたら反則だから、前からだけって発想か。
失敗の時スライディングしてればタックルで、コケればチェイシングなのかな。
いや知らんよ、チェイシングもスライディングで抜かれるのかどうかは。
ネットの情報でチェイシングになってる選手も、実はタックルかも知れないからな。
アルバはコケて、ウムティティやボアテングはスライディングしてるように見えるが、
NDGボアテングがチェイシングなので、CLSがタックルではないと思うんだがね。

つーわけで、見てて気になったのはスライディング部分だけど、証拠不十分。
ショルダーチャージはタックルじゃないし、後ろからもタックル発動する。
あたしも含めて、見分けがつかないなら性能差を考えなくてもよいかと。
 

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。