脱獄待ち不要

以前は脱獄したiPhoneとそうでないiPhoneで比べて、便利さに大きな差があった。
しかしAppleが積極的に脱獄アプリを本家でパクってるので、今やあまり差がなくなった。
この度の10.2アップデートで、スクリーンショットが無音化された。
マナーモード時だけかも知れない。
カメラもガシャっと鳴っていたのがポコっと鳴るようになり、さすがマナーだわ。
マナーを重視してマナーモードにしてるのに、マナーに反する音を出してたからな。
カメラ撮影自体がマナーに反する場合もあるかも知れないが、音の種類が悪い。
単に大きな音ではなく、ここに盗撮者がいますよと言う警告音みたいじゃん。
周りの誰かを撮影したいんじゃなく、ゲームのスクショ保存したいだけだっつーの。
さらに、ホームボタン長押しで誤発信される問題もオプションで完全にオフにできた。
Siriも音声コントロールも使ってない人にやっとこさ自由が与えられたわけだ。
これ、どっちも脱獄でやってたことがやらなくて良くなったな。



それじゃ脱獄を待つ意味あるのか?って話だよな。
そもそもリスクを負っても脱獄しますか?って話だよな。
電話用の方は、誤発信を防止するAskBeforeとかなんとかを入れたいが、なくても別に。
ゲーム用はゲームでズルしたいから脱獄したいな。
両方に共通するのは、コントロールセンターをカスタマイズしたいって程度。
ま、どっちにしろ脱獄が発表されたらやらないわけがない。
ただ、脱獄してすぐ必ずいじってたシャッター音はもうあまり意味がなくなった。

ゲーム用はもうiPhone7でかまわないし、さっさとデータSIMを開通させたい。
ほいで脱獄済みiPhone6を、ぷにぷにのオートでタッチする専用機にすればいいじゃん。
ぷにぷにのマネー稼ぎを別端末で自動でしながら、本命端末は別のゲームが出来る。
リセマラをズルして高速にするのも、その時だけ脱獄端末を使えばいい。
その方向性なら、なにも今必要な脱獄アプリが全部iOS10に対応するのを待たなくて良い。
そしたらしばらく3台持ちか。
リセマラとぷにぷにをWi-Fiでしかやらないと決め、SoftBankは今月で解約だな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。