脱Dropbox

1549 letters | 922 views | コメントする

 Dropboxは初期値2GBと小さいものの、様々なミッションをクリアすることで無料でも大容量の追加が行える魅力的なサービスだ。その中でも友達紹介による容量追加は1人あたり500MBも貰えちゃう。あたしは友達がいないので自作自演で32人もの仮想マシンを紹介し、16GBの追加容量を1年間使う事ができた。しかしこのシステムはせっかく紹介した友達がDropboxを全然利用してないとキッカリ1年間で無効となってしまう。32人もの仮想マシンをDropboxのために保存しておく訳にもいかず、1年経ったらまた新たに仮想マシンを作るのも手間なので、16GBの追加容量をずっと保つと言う事はあきらめてしまった。また、HTCの携帯を連携するすることで3GB使えるってサービスも使用期限が迫っていて、その後はまぁ5GBちょいしか残らない。いや別に5GBもあれば十分使い物になるんだけど、問題はその5GBがいつ急に狭くなるのか不安だって事なんだ。いろんな理由で拡張出来るのがDropboxの良い所だが、ウッカリしてたら突如その理由を失って拡張分が無効だって言われてしまうのもDropboxだ。パソコンとスマホをつなぐのに便利だと思ってかなり贅沢に容量を使っていたDropboxだが、贅沢分はほとんど失われさらにもっと何らかの理由で奪われかねない不安から、別のサービスに乗り換えたいと検討している。



 以前であれば事務所のプロバイダがYahoo!BBだったので、自動的に50GB使える身分を獲得していてそっちも何かしら使っていたわけだが、それも去年WiMAXに乗り換えたから5GBになってしまった。いや50GBだったとしてもPCでもスマホでもクライアントが使いにくいから嫌いだ。使いにくいからせっかく50GBあってもDropboxを選んでたんだ。Googleドライブはメールもpicasaも何もかも預けている安心のGoogleだからこそ使いたくない。と言うのも、あたしの用途ではパソコンのみならず多くのAndroid端末からもアクセスするわけで、Androidにはアカウントを一つ入力するとそのアカウントの何もかもとリンクしようとする端末が多い。どういうことかというと、単に無料アンドロイドアプリをインストールしたいだけの端末でもGoogleアカウントへのログインが必要なので、仕方なくアカウントを一つ入力した瞬間、そのアカウントでアドレス帳やらGmailやらカレンダーやら全部同期しようとする。あたしの個人情報を一切入れないでアプリをインストールしてカスタマイズしたいなって時にそれが困るんだよ。その上最近はソーシャルも連携してるので油断も隙もあったもんじゃない。いくつかのアカウントを持っているがどのアカウントのドライブを使えば将来不味いことにならないかという予想が立てにくい。一言で言えば怖い。それがGoogleだ。

 と言うわけでSkyDriveを入れて見た。最低7GBなのでとりあえず今Dropboxにある分は移行出来る。そして、必要なら有料プランもありだと思っている。年間10ドルって、Dropboxは1ヶ月でそのくらいだぜ。もちろん大容量が必要になるほどGoogleに差をつけられる形だが、最安プランを使うか使わないかで迷う位の予定しかないもんね。クライアントもDropboxをパクったみたいに違和感なく移行でき、これで良いんじゃないかって状態。MSのメールは一切使ってないので、MSもGoogleみたい合計15GBとかやってくれたらとても便利なのだが。あ、ひょっとしてドライブ専用のGmailアカウントをさらに一つ作ればいいのかしら。また増やすのかぁ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。