1200円のWindows

1846 letters | 1323 views | コメントする

 これまで古いパソコンに新しいWindowsを入れても、機械自体が新しくなるわけじゃないせいであまりいい事はなかった。今回のWin8も、世間では古いパソコンに新しいWin8を入れたらタッチパネルになると誤解して買った人からクレームがいっぱい来てるとニュースになった。そんなこともあって、新しいOSに乗り換えるなら新しいパソコンに新規でインストールだって決めつけている。だから、売ってるWindowsにアップグレード版と通常版があれば、アップグレード版の方が確かに安いんだけれど、安いからって買う気がしない。アップグレード版を新しいパソコンにインストールするためには新しいパソコンに古いWindowsをいったんインストールするとか、または古いインストールメディアを要求されるとかで面倒くさいってのもある。それで、今回のWin8のアップグレード版がいかに安かろうが、そっち方向は全然興味を持たずにいた。そして今回、ポイントバブルで新たに自作PCを組むにあたり、どのタイミングでどのWin8を買おうかと調べていたら、今なら1200円でアップグレード版を入手出来ると言う情報に辿り着いた。



 使うかどうかを度外視しても、1200円は惜しくないと思って、よそのサイトに書いてあるとおりに申し込みをしたら、ちゃんと1200円の領収書とプロダクトキーが書かれたメールを入手することは出来た。本来ならこれは「つい最近」Win7搭載パソコンを購入した人を対象のキャンペーンで、最近じゃなく結構前からのユーザーは3300円ってのが通常価格だ。あたしはつい最近のユーザーじゃないので、3300円になるはずだったんだけど、どこぞのサイトに書いてあるページから申請したところ、プロダクトキーも何も訊かれずに何ら証拠の提出的な物もなく、普通に1200円で買う事が出来た。これって一人5個までらしいので、後々のために6000円分買っちゃおうと思って同じ手順を行ったところ、今度は何か色々訊かれて、プロダクトキーの入力も求められた。でもそこにもしだいぶ前にアクチしたプロダクトキーを入れたら、最近買ったわけじゃないってばれるよなと思っていったんキャンセルした。出来れば一回目と同じように何も訊かれずに1200円コースに出来ないかと、メアド変更したり名前の入力をローマ字に変更したりと試行錯誤していたら、もうそのプロダクトキー入力すら求められずはじかれるようになってしまった。たぶんもう1200円コースはブラックリストに入れられたんだろうな。3300円コースはまだ試してないのでわからない。

 その1200円のWin8は、間違って仮想マシンでアクチしてしまった。アップグレード版を新規インストールしてもアクチできないってどっかに書いてあったので、アクチしてない状態でも何日か使えるだろうWin8を使ってみたくて仮想マシンにインストールしたんだけど、親機が4GBメモリなうち2GBメモリを子機に割り当ててインストールしてたら、インストールの途中でメモリー不足だとか言って子機が再起動し、その中途半端にインストールされたWin8をアップグレード対象と見なしたらしく、ちゃんとパーティションを消してクリーンなインストールをしたにも関わらず、インストールが終わったらすでに自動的に認証されてしまってた。でもこれって要するに、アップグレード対象のWindowsが入ってないマシンにアップグレード版Windowsを2回インストールすれば通常版って事でしょ。普通にアップグレードのインストールも出来てクリーンインストールも出来て、古いWindowsはいらないし紐付けもされてないわけだ。完全に新規の仮想マシンにインストール出来た。だったら1200円じゃなくても3300円でも買っちまおうかなって思っちゃう。

 ただ肝心の、Win8がWin7の代わりになるかどうかの部分が問題だ。ちょっと触ってみた感じ、たぶん代わりにはならない。世間ではこれってすごく売れてるらしいけど、あたしの用途には使って慣れるに値する物とは思えない。Win7を仮想マシンで使ってWin8を親機に使うつもりだったが、既に1ライセンス失敗して仮想マシンでアクチしちゃったから、もう親機はWin7のままでWin9を待とうかとも思い始めた。どうするか迷ってるけど、3300円のうちにあと2個買っても良いかなぁ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。