血塗られたマウスピース

1734 letters | 2890 views | コメントする

 昔から、歯のかみ合わせとかでパワーが出るとか出ないとかの話は意識していたんだけど、あたしの場合は筋トレの時とかも別にかみしめてなくて、むしろちょっと口開いてるぐらいだったりする。歯周病が発覚して自分の歯茎に対して意識することが多くなったというキッカケなんだろうけど、ちゃんと噛みしめて筋トレしようかなって思うようになってマウスピースを買って見た。高校時代のカラテ部ではたしか県大会までマウスピース不要で、東北大会から必要とかだった気がする。大人になってから初めてのマウスピース装着で、歯周病で大変なことになってた。



 まぁ血は出る。それより、噛みしめるとホントにパワー出ちゃうよ。それにより、3セット分のパンプを1セットで感じられたりして、今までの筋トレは何だったんだって思えてきた。限界まで頑張ってたつもりが、噛みしめてないことであまり力が入ってなかったなんて。これが一時的なプラセボではなく、今後もいつも以上のパワーが出てくれたら、伸び方がかなり変わってくるだろうな。

 筋トレがらみで今月初はあと二つあって、まずマトリックスのバニラ味が初めてなんだけど、以前はクッキークリームを買ってたからバニラは避けてたのが、今回初めてバニラを味わったら旨すぎて、もうマトリックスと言えばバニラって位の地位を確保した。在庫さえシッカリしてればもうマトリックスをやめたくない。

 もう一つ、ハロドロールクローンも初体験なんだけど、単体使用ではなく1アンドロとスタックなので、正確な体感を表現出来そうもない。某ホモとその取り巻きのレビューでは、筋肉にだけ効いて性的な作用がないと言う事になっていたが、あたしの場合は今月かなりビンビンだ。でもこれまでの体験からは、1アンドロの単体でもビンビンになってたわけだから、ハロドロが性的な作用をしているかどうかは判断出来ない。肝心の筋肉に対する効き具合は、スパドロ、エピスタンと同様に、飲んだ日は数時間後とかに上半身に心地よいメリメリって感覚があり、飲み忘れてないかを自分の筋肉の調子で体感出来るほどの物ではある。残念ながら、あたしにはスパドロもエピスタンも効きすぎであり、そのどっちが強いかわからないくらいだから、ハロドロも、それら二つと同じで一定ライン以上だって事は分かってもどのくらい強いかはわからない。17aメチルのプロホがそうでないプロホよりも強いって事はその筋肉の体感だけでわかるんだけど、それ以上どれだけ強いかはあたしにはわからないんだよね。ただ、ハロドロは他の17aメチルより弱いことは確実で、だからそれを補うために、他のプロホは1カプセルに10mg入ってるのにハロドロだけ25mg入れてて、あたしはその25mg入ってるのを飲んで10mgのプロホと同等って評価してるわけで、効果が同等でも毒性は理論上2.5倍だって事だけは覚えておきたい。だからハロドロだけ一日二回はまだちょっと怖いので、半減期を考えて朝ハロドロ夜エピスタンとか、昼夜非メチルとかって感じで利用していく。

 つか、プロホ何年分も買ったからなかなかなくならないんだけど、なくならないうちはやめようとも思わないな。ある分を消費してるだけだから、やめられなくなったという意識はなかったけど、もう依存症かもな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。