ThunderbirdでもIMAP

1790 letters | 1463 views | コメントする

 bodybuilding.comというサイトで何度かプロテイン等を買った事があって、そこ自体は実にまっとうな商売をしている問題のないサイトではある。ある非(←最近ATOKがバカになった)、そこで買い物した後に出てくる画面に、お客様満足度アンケートみたいなのに答えて賞金ゲットだぜって感じの誘導が出た。そのアンケートってのが、本体サイトでやってる物じゃなく、外部のランキングサイトでやってる物だった。日本で言えば、ショップが価格ドットコムみたいなサイトに高評価を付けて欲しくて、抽選でクーポンか何かを発行してたって事になる。まぁ、そこまでは何の問題もない。問題はその日本で言えば価格ドットコムに当るようなサイトの方で、そこにメールアドレスを入力したら途端に毎日数十件のスパムが来始めた。いや、タイミング的にはその時だったけど、往々にして、たまたまその瞬間からスパムが北だけで(←やっぱり最近ATOKが賢くない)、実際はメールを漏らしたところが他にあって、スパムが来始めたからその直前に行った変なサイトが気になっただけかも知れないけどね。ともかく、そこからドシドシ迷惑メールが来るようになったが、サーバーのスパム対策もThunderbirdのスパム対策もなかなか賢いので、迷惑メールが迷惑になってる事は全然ない。全然ないんだけど、14日間保存されるから常に迷惑メールフォルダに700件以上の未読メールがたまってるのが気になるし、毎回受信してから振り分けてるのも無駄だし、近々そのメールアドレスは無くしちゃおうと思っていたところだ。



 で、たまたまGoogleアカウントをいっぱい増やしちゃった中に、使ってもいいなって言う可愛いアドレスが一つ含まれてたので、それをIMAPで使う事にした。IMAPだから、通販で何か買うときの連絡先アドレスに使うと、どこにいても発送メールの追跡番号を知ることが出来るからちょうど良いと思う。で、また変なところからアドレスが漏れてアドレスを捨てる事になったとしても、また別のGmailアドレスを取得すればいいし、なんだかんだで便利だと思った。Chromeを使ってみたことで、自宅と事務所のパソコンで何でも同期したくなったし、その一つとしてメールも両方で受信したいっていう重い(←さすがにATOKでコレはない)が芽生えてもいた。

 使ってみてどうかという話だが、便利だと思ったのは、過去10年以上のたまったメールを、Gmailにフォルダ分けして移せてしまったことだ。これから来るGmail宛てのメールだけじゃなく、既に来てしまったGmail宛てじゃないメールもIMAPでアクセス出来るようになり、自宅でも事務所でも確認できるという所がいい。そんなことをしても合計135MBしか使ってなくて、8GB使えるGmailに対して10年使ったメールを移動させてもそれっぽっちなわけだから、容量制限はあってないような物と考えていい。

 Gmailには最初から対応してるって事かも知れないが、アドレスとパスワードを入れただけで設定完了し、他になんにもいじらなくて勝手にIMAPにちょうど良く使えるようにちょうどよくやってくれるので、むしろ初心者こそプロバイダのメールとかよりGmailを使えばいいと思ったほど、取っても(←このくらいは昔のATOKでもあり得たかも)簡単だった。ただ、ちょいちょいと使って見ると、「下書き」とか「送信済み」とかのフォルダは自動で正しく設定されてるが、「迷惑メール」と「アーカイブ」がThunderbirdで勝手に作ったフォルダに入る設定になってたので、そこだけは手動で設定した。

 IMAPだから当たり前だし仕方ないけど、いちいち読み込むのがうざいので、読み込み時間を少なくする工夫が必要だと感じた。一つのフォルダに大量のメールがあると、フォルダをクリックしたときに待たされるので、古いメールは受信トレイ以外のフォルダに小分けしておくとかすればいいと思う。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。