GingerStreak

ジョブズ死去記念にSIMカードをiPhoneの方に入れ、それからStreakをしばらく放置していたが、
その間にカスタムROMのアップデートが続いているようなので、そろそろ安定したかなと思って入れて見た。
SIMを入れてない上に、スリープ中はWi-Fiもオフになるよう自作アプリでいじってあるから、
バッテリー消費は相当抑えられると期待したが、二日目まで快調だったのに三日目突如ゼロ。
ダメだね。



一時期、StreakDroidは2.2系に比べて2.3.3系はまだ不安定だよっていう状況で、
肝心の作者が全然アップデートしなくなり、その間に別の作者が亜種を発表し、
しかもその亜種が全然安定しないという有様で、もちろん純正ROMはアップデートなしだし、
Streakの2.3.3はもうダメかって思っていたところに、オリジナルの作者が復活してた。
で、もちろん亜種よりは断然まともで、一見何ら不具合がないかのような仕上がりなんだよ。
だから亜種にあったバッテリーが持たないという弱点さえ治ってれば、またSIMを入れようかとも思っていた。
フル充電した次の日のバッテリーはまだ100%で、これは以前のStreakでもそうだった。
Streakに限らず、バッテリーの残量を正確に表示することは難しいと思うが、
この端末ではそれなりに減るまで100%のままで、99%が表示されてからはかなり早くなくなる。
だから、充電した次の日が100%だからといって、ほとんど減ってないとは言い切れない。
せめて、1週間ほど待って何%残ってるかってのは見なきゃいけない。
以前の使用状況からしても、SIMなしで放置なら1週間持たないなんて事は考えられなかったからな。
で、いざ三日目の状況では既に電源が落ちていて、起動したら1%という表示。
こんなん使い物にならんわい。

あたしのStreakはバックアップしないでカスタムROMを入れてしまい、純正ROMに戻れなくなったので、
使うとしたら安定したがたぶんもうアップデートしない2.2系でいくか、
もうしばらく安定するまでアップデートが続くはずの2.3.3系でいくか選ぶ事になる。
普通は次々アップデートするってのは楽しいことなんだけど、
そもそもAndroidは期待したほどパソコンに近い自由度がなく、
どれだけアップデートしても大したことが出来なさそうで、そういうことに楽しみを見いだせない。
それより安定した2.2を、ただの電話として使い続けたい。
電話としてもiPhoneより便利だしな。
しかし2.2でもカスタムROMなせいか、はたまた機械が悪いのか、本当に安定してるとは言い難くて、
たまに落ちてたりSIMを認識してなかったりして、愛情がないと構ってやれない感じだ。

さてそこでiPhoneだが、バッテリーが減るバグがあるらしいiOS5にしたのに1週間で50%しか使わない。
逆に1週間で50%しか使わないほど放置してるんだから、もうスマホには多くを求めていない。
脱獄もせずに使ってるが、確かに脱獄した4.3.3の方が便利だし、結局iOS5にして何も良くなってない。
じゃあダウングレードすればいいんだけど、それすらやるのが面倒でやらないってほど、興味が薄れてる。
まぁiOS5でちゃんとした脱獄が出来るようになったらすると思うし、そのくらいの興味はまだある。

2年後の機種変更のタイミングでは、たぶんろくな電話機が出てないだろうなと悲観している。
Androidはどれも国産パソコンみたいな方向性になってて、防水は魅力的だが欲しくならない。
かといってiPhoneはどういうアップデートをしても方向性からしてあたしには不便なままだろうし。
じゃぁスマホじゃないやつに戻れるかっていったら、それはそれで戻る気なし。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。