ツクダ式習得

1341 letters | 1973 views | コメントする

ルービックキューブを買ったら解き方の紙が付属していて、その通りに3回ほど揃え直すと、
簡単なのでやり方を覚えて何も見ずに揃えられるようになる。
さらに数回繰り返すと初出のパターンにも遭遇したりし、対処法を再確認して覚えていったら、
もうどんなにバラバラにしても5分もあれば揃えられるようになった。
ここまで数日かかるだろうと思ってたのに意外に楽勝。
こんなに簡単に6面揃うなら、悩み抜いて研究して3面揃える気はもう起らない。



あたしが習得した方法はツクダ式という一番簡単なやり方らしく、簡単だけど遅いんだそうだ。
速い方法はLBLというらしく、キュービックルーマンは1分で解いていたのでおそらくLBLだろう。
ネットで調べると出てくる解法もLBLだから、将来的にやり方を忘れても確認しやすいメリットがある。
だので、ツクダ式はやめてちょっとくらい難しくてもLBLを覚えてみようとしたのだが、
途中で面倒くさくなって挫折し、まだ一回もLBLで完成していない。
その解説してるサイトの説明が下手なのではなく、それほど難しいって事だろう。
ツクダ式でも時間をかければ揃えられるんだからもう良いやって、弱音を吐いてしまうほど面倒くさい。

ツクダ式は最初に青を揃え、次に青のちょうど反対面の白を揃え、最後に中段を揃える。
途中で必ず青と白で2面揃った状態になるので、ここまででも見せられる。
LBLは最初に1面揃えたら次に中段を揃え、反対側の一面を最後に揃える。
下半分以上揃ってあとは上だけだよって所を見せられる。
ツクダ式は途中経過の見せられる時点はもうゴール目前なので、見せられるところまで結構かかる。
それよりLBLのあと一面ってところまでの方が速いので、そういう点でも憧れる。

少なくともツクダ式に関して言えば、やり方を覚えて再生するだけなので全然奥深い遊びじゃない。
LBLももっと覚えることが多くなるだけで、ただのパターン暗記のみで研究余地がなさそうに思える。
今は買ったばかりで、その暗記と再生に頭を使って面白いが、
大人が飽きずに続けるられるような高度な遊びとは思えない。
これはすぐ飽きると思うが、LBLを習得してから飽きるか、挫折して飽きるかって感じだな。

B0007LBEE8
B0007LBEE8

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。