プッシュアップバーいい

腕立てがきつい場合は膝をつき、それでもきつい場合は手の方を高くすると良いらしく、
逆に楽な場合は脚の方を高くすると良いらしい。
そうなると、プッシュアップバーを使った腕立ては、少しだけ手の方が高くなるから、
むしろ使うと楽になりそうな印象もあるが、高くなった分だけ深い腕立てをする事できつく出来る。



昔空手をやってた頃は体重も軽かったし、拳を使った腕立てを毎日何十回もやっていた。
何十回も出来てる時点で効果が薄いとか、1セットしかやってないとか、毎日してるとか、
今思えば何かと問題があるわけだが、当時はそれで良いと思ってやっていた。
拳の方が手のひらでやるよりも少し高くなるので、プッシュアップバーと同等の効果があったはず。
もちろん、当時はプッシュアップバーの存在すら知らなかった。
普通にやっても何十回も出来たから、膝をつく腕立てなんて女がやる物だと思っていたし、
まさか自分が膝をついた腕立てをやるようになるなんて、プライド面であり得ない事だった。

加圧の真似事を始めた時点で、一番きついのは腕立てだったから、
仕方なく膝をついてやったがそれでもきつく、腕立ては加圧なしでスローでやる事にした。
で、ようやく慣れてきて、3セット出来るようになったので、膝なしに移行するのではなく、
プッシュアップバーありに移行してみた。
そしたら胸に丸二日の筋肉痛を生じた。
いつもやり慣れてるはずの同じ動作だから、多少は負荷が変わっても筋肉痛にまでならないと思ったが、
おそらく負荷の大小よりも可動範囲の変化で、今までにない刺激を受けたのだろう。

プッシュアップバーなしなら2セット目までは楽勝で、3セット目からがつらいのだが、
プッシュアップバーありだと2セット目で限界が来る。
限界なのはスローだからであって、スローじゃなきゃ既定回数出来るので、
もうだめだって思った時点から動きを少し速くして、一応既定回数はこなす。
しかし3セット目になると最初からきついので、心が折れて速くやっても既定回数出来ない。
これはたぶんちょうど良い強度だ。
2セット集中してやって3セット目はオマケっていうくらいにしたいので、2セット楽勝じゃ弱すぎるもん。

胸の筋肉痛も発生できたし、拮抗筋である上腕二頭筋も張る。
終わった後の疲労がハンパない。
そりゃもちろん道具なしでも鍛えられるのが理想的だが、たったこれだけの道具でこんなに違うなら、
こりゃもう手放せなくなりそう。

B000BT8TN0
B000BT8TN0

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。