ブドウ糖

1519 letters | 704 views | コメントする

Amazonでシリカゲルとマンガの単行本とブドウ糖を注文したら、
同じ日に全部バラバラに送られてきたし、マンガはメール便だったし、段ボールはでかいし。
まとめて買えば客の払う送料はタダだけど、その分Amazonで負担してるんだろうから、
あたしのようにしょっちゅうAmazonで小さい買い物ばかりしてると、その度にAmazonが損してそうだ。
今回も、本当はマンガとシリカゲルだけ欲しかったのだが、ついでにブドウ糖も買った。
この、ついでに買わせると言う事で、送料分は儲けてくれてるんだろうか。
Amazonで損してなくても日通で損してるんじゃないかとか、余計な心配をしてしまう。



で、ブドウ糖はなんで買ったんだっけ?
あれ?本当に要らない物を買っちゃった?
筋トレがらみだったような気がするが、ググっても脳の話ばっかり出てきて不安になった。

一応、筋トレの後にプロテインだけじゃなく糖分をタップリ摂取しろと言う話が出てくる。
そのタップリ加減が尋常じゃない。
まずいプロテインを飲むより、甘すぎる糖分を摂取する方が遥かに辛い。
本当はプロテインと同じくらいか、もっと多く使用しなければいけないらしいが、
それはあたしには耐えきれないので、この話は自分の中でなかった事にしていたはず。
それでもなんかで勘違いしたのか、スーパーに行っても砂糖の棚でブドウ糖を探してみたりしちゃう。
大量に取らなきゃ意味がない物なのに、それを忘れて、安ければ買おうかなと思って探す。
たとえやすくて買ったとしても、甘すぎて捨てる事になるかも知れないのにな。
要するにあたしには要らない物だったが、送料を払いたくないと間違えて買っちゃうんだな。

買ったのは、3gずつをキャンディーのように固形にし、個別包装された物。
口の中に入れて置くとだんだん溶けると言うより崩れてきて、パウダーになってから溶ける感じ。
角砂糖を食べてる感覚。
甘い。
大嫌い。
しかも3gじゃトレーニング後に摂取するのに全然足りず、一度に10個くらいは食べないといけない。
確実に無理だ。
頑張っても2個、いや、毎日だと2個でも無理しすぎだ。
コスト的にも大きすぎる。
どうもブドウ糖は、粉末とか一定量で固形になった物は高く、
いいかげんな大きさで結晶化してるものが安いようだ。
つまり、チョピットの量を量りやすい物は高く、大雑把に何グラムかの誤差なんか気にせず、
たくさん摂取するのが当たり前で、そうしないと安く上げる事も無理らしい。
それじゃやっぱりあたしには摂取できそうもないし、今回は間違って買ったみたい。

固形のままシェーカーに入れて振ったらガコガコ言って全然溶けなかった。
個別包装の袋に入ってる時点で粉砕してからなら溶けるかも知れない。
甘すぎないオプチマムに溶かして、甘すぎるチャンピオンぐらいになる程度なら飲めるかも。

どうしてもダメなら、砂糖舐めるのが大好きな息子に食べさせて消費するかな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。