BIOS怖い

1453 letters | 958 views | コメントする

何でもバージョンがある物はついつい新しくしてしまいがちだが、
マザーボードだけは、新しいBIOSが出ていても必要でない限りは手を出さない方が良い。
不具合があってそれが修正されるならやってもいいが、
何のメリットもなく更新して、途中で停電したりしたらぶっ壊れるリスクは負いたくない。



自宅のPCはVistaだが、ちゃんと買った物なので認証は必ず通るわけだが、
それでも、電話でやれという警告が出た時点で、認証回避をすると決めている。
今のところ、どこぞからダウンロードしたナントカって言う実行形式ファイル一発で認証回避出来ている。
サービスパックも入れたし、月例パッチも全部入れたし、それでも認証済みになっているので、
今のところはまだこの方法でもいけるって事だが、いずれは対策されるだろうから、
それまでにBIOSにおまじないをして、対策不可能な認証回避の準備をしておきたい。
前に使っていたA8N SLI Premiumでは簡単におまじないできたので、
P5K PROも楽々おまじないできる物と思い、その作業をすることにした。

しかしBIOS更新はなるべくしたくないので、現時点で最新のBIOSをダウンロードして使う事にした。
チョチョイのチョイでおまじない作業が終わり、USBメモリに入れて、EZ Flash 2で書き換えようとしたら、
壊れてるから書き換えできませんよって。
おまじないをしていないBIOSファイルはちゃんと使えるが、おまじないをすると書き換え出来なくなる。
Windowsを起動し、ASUS UPDATEで読み込むと、おまじないをしたBIOSに書き換えることが出来る。
ASUS UPDATEはチェックが甘いのか。
甘いチェックで無理矢理書き換えをしてみたら、案の定、PCはぶっ壊れた感じになった。

まず、CPUが2.66GHzで認識された。
それだけでもおかしい。
DELキーでセットアップに入り、デフォルトの設定をロードしたり、使わない物を無効にしたりしたが、
セットアップを抜けても設定が反映されない。
Windowsの起動は途中で止まる。
いったん電源を切って、もう一度入れたら、もう起動音も鳴らないし何にも写らない。
本格的にぶっ壊したかと思った。
いや、本格的にぶっ壊したけど直ったのか。
ともかく、何度も電源入れたり消したりし、奇跡的に一度起動したので、
すかさず正常なBIOSに書き換えて、一命を取り留めた。
クラッシュフリーBIOSってどんな機能なんだろう?
これはクラッシュするぞ。

世界中検索して何でもやってみたのだが、まだ一度も、EZ Flash 2のチェックを通るBIOSは作れていない。
おまじないが成功するかどうかではなく、チェックを通るBIOSが作れない所で悩むとは。
PC壊すくらいなら電話認証しようかな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。