Web Caster 6400M

1339 letters | 1404 views | コメントする

どこが悪いかよくわからないが、メール受信とFTP接続の調子が悪いと言うことで、
ADSLモデムを変更してみた。



今のところ、メールもFTPもつながるが、モデム変更前でもつながったりつながらなかったりだから、
ひょっとしたら明日にはまたつながらなくなるかも知れない。
今のところは調子がいいので、このまま続いてくれたら、原因はモデムの故障だったと言い切れるのだが。

その問題が解決されて欲しいということもさることながら、
モデムとルーターが一体型と言うことで、何が出来るとか出来ないとかはとても重要。
特に、P2Pのポート開放が出来ないと用を成さない。

2時間くらい、紙やCD-ROMやGoogleで調べて、ようやく「静的IPマスカレード」に到達した。
付属CD-ROMには、ネットゲームなどをやる設定は「静的NAT」だと書いてあるが、
静的NATの設定にはポート番号を入れる所がない。
「静的ルーティング」という、それらしいネーミングの所にもポート番号を入れる所がない。
「パケットフィルタリング」は、ポートを閉じないための設定であり、いわゆるポート開放には無関係。
とにかく、ポートが選べて、MACアドレスも入力できる場所といえば、「静的IPマスカレード」しかない。
意味を調べてもポート開放に関係ありそうじゃなかったのだが、これを設定したらうまくいった。
たぶん、もう一度設定が必要になったとき、また調べてもどうせ到達できないだろうから、
今ここに自分用に書いておく。

問題は無線の方で、これ本体を買っただけでは無線LAN出来ないのね。
Amazonに、
>ワイヤレスインターネット
>ワイヤレスLAN環境を実現するPCカード子機をご用意。
>距離や壁等の障害物に強い最大54Mbpsの高速無線通信を実現する。
って書いてあるから、これを買えば電波を出してくれるんだとしか解釈できないだろう。
実際は、このモデムに専用のパーツを装着することで電波を発する。
そのパーツが、ノートPC用のPCカードとしても使えることでさらに混乱を生ずる。
Amazonでその、6000円くらいのPCカードを追加で注文した。
カードは専用パーツしか使えないらしく、余ってる無線PCカードでは動作しなかった。

>PCカード子機をご用意
って書いてあるけど、それは子機が付属するという意味ではなく、子機も買えという意味だったとはな。
まあいいよ、あと6000円で一体型で無線になるならそれでいい。
今までの、ACアダプタ二つ占拠するよりずっとマシ。

ということでしばらく様子見。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。