八百長は謝罪しなかった

1166 letters | 675 views | コメントする

極端な例を出せば、リングの上でマシンガンを乱射して死者が出た場合、
それはボクシングの反則ではなく、ただの殺人として扱われるのは明白なんだから、
頭突き、目つぶし、投げ、急所打ちだって、ただの反則じゃなくて、れっきとした暴行事件でしょ。
それが偶然あたってしまったのではなく、一家がグルになってわざとやったなら、集団暴行でしょ。
興毅が会見で指示を認めた時点で、犯罪一家のボクシング界永久追放にならないのが不思議。



それから、その犯罪行為とそれを指示したことについてのみ謝罪したようだが、
それらの犯罪はすべて、興毅が八百長でチャンピオンになったことを隠すために行われたんだから、
興毅があやまりに来たなら、先に八百長の件を謝罪して貰わないと話が合わない。
極道の皆さんを多数招待し、親分さんの誕生日に試合し、嘘の判定でベルトを取ったことについて、
それのせいでこうして不自然なマッチメークや失明狙いの集団暴行をやっているのに、
記者がその根底の部分を追及しないのはおかしい。
追及されなかったからと言って、自分からそのことを言い出さない興毅もダメ。

これで一件落着にするつもりだろうけど、暴行に関しては牢屋に入ってもらうべきだし、
八百長に関しても、素直に認めて、もうしないよって宣言してからおしまいにしようよ。

疑惑の判定といわれたあの試合を見るまで、多くの人は興毅を応援していたはずで、
今度こそまともにボクシングだけをやると誓うなら、許せる人も多くいるはず。
でも、あの八百長を一切あやまっていないのに、今回の会見だけでチャラには出来ないでしょ。
興毅は、目つぶしは亀田家用語だ等と嘘をついて誤魔化そうとする卑怯なやつだし、
単に言ったか言わないかだけを追及する会見じゃなく、内藤戦がなぜ興毅じゃなかったのかも含めて、
全て八百長の事実を隠すためだったということまで認めさせて、ようやく許してやれるんじゃないのか。

謝罪とか反省とかいうけれども、結局、今後ちゃんとするかどうかが一番の問題。
過去のことはどうでもいいんだけど、再犯の可能性を残したままじゃ、一件落着とは言えない。

ガンバレ興毅、おまえの反省次第で、世間は許してあげるだろう。
ま、極道のみなさんが怖くて、八百長の話など出来るわけ無いか。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。