亀田興毅#2

1490 letters | 508 views | コメントする

昨日の試合が終わった時点では、こんな流れは予想していなかった。
あたしゃてっきり、興毅の負けは一部の人にしか判別できないのだと思っていた。
鬼塚や畑山なら、判定が出る前からもう負けがわかっていて、
「今までが快進撃過ぎただけだ」なんて負け試合用のコメント出していたけれども、
一般人にはわからないものだと思いこんでた。
彼は前に出てるんだし、素人は勝ってると思いこんでると予想した。



というのも、歴代の日本人の有名ボクサーは、だいたい前に出ながら戦うタイプで、
後ろに下がりながら自分の間合いをキープして戦う外国人選手にボコボコにされてきた。
だのにいつも、一緒にテレビを見てる家族や親戚は常に、むしろ勝ってると思って見ていた。
少なくともあたしの周りには、どっちが勝ってるのか見てわかる人がいない状況だったので、
今回の興毅についても、世間はきっと互角かそれ以上の試合だと勘違いしてると思った。

きっと、テレビでは諸手を挙げて勝利を喜ぶ報道がなされ、
具志堅や輪島も含めた歴代王者たちも、濁すようなコメントしか出せずに逃げ、
世の中お祭り騒ぎで判定に異議を唱えることすら空気的に許さないと思っていた。

許されないと思ったからこそ、許されないことをわざと書く日記なので、正直に書いた。

そしたら、TBSニュース23ではワイワイ盛り上がるも、他局では「微妙」とか「疑惑」とか出てる。
スッキリは見逃したので、テリー伊藤がどんなコメントを出したか気になるところだ。
さすがにテレビでは八百長なんてハッキリした言葉は言えないだろうけど、
内容は負けだったとか、判定がやや有利だったとかいう話はギリギリ出てるのね。

テレビで普通に言ってることを、普通に日記に書いて何が面白いのかと、また腹が立つ。
自分だけが特別、他人よりも勝敗を見極める力があるかのように、書いてしまった事に腹が立つ。

とはいっても、以前まではどっちが勝ってるかわからなかった人達が、
今回の興毅の試合から急に目が肥えたということもあり得ないわけで、
やはり、1ラウンドでダウンしたことと、終盤のダウン寸前フラフラの印象が、
素人にも鮮烈だったのだと言うことだろうな。
その二つは結果であって、その原因に該当する実力差はそれ以上だったと書いておこう。

いや、興毅は弱くないが、モロくてギクシャクしてて上がり症で、
辰吉とかの有名チャンピョンと比べたらまだ格下で、これから伸びるかも知れない選手だ。
日本人ボクサーは上手いボクシングが持ち味で勝っていくのに、興毅はぶっちゃけ下手だ。
興毅を責めるつもりはなく、興毅を無理矢理勝たせることが出来る業界に幻滅。

さて、興毅よりも気になるのは、あそこの三男だ。
あの目は山本KIDと瓜二つの例の目だ。
長男次男は大したことないかも知れないが、あの三男は本当に期待させる。
あの子だけは無理矢理勝たせなくても自分で伸びていくだろう。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。