種目増やしたのと増やしたいのと

現時点で全身7種目のサーキットを朝3周と夜2周で、7×5=35セットを週6でやっている。
①プル系 -手幅や角度を変えながら懸垂3種
②プッシュ系 -傾斜の腕立て伏せ2種とアーノルドプレス
③スクワット系 -ブルガリアンスクワットのみ
④リアレイズ -チューブを2種類使って可動域重視と強度重視の2種
⑤サイドレイズ -チューブを2種類使って可動域重視と強度重視の2種
⑥フロントレイズ -チューブを2種類使って可動域重視と強度重視の2種
⑦その他 -台車を使ったボディーソー、ダンベルデッドリフト、ワンハンドロー
給水以外のインターバルなしで続けてやって、朝と夜と足して1日1時間くらいかかる。
某ユーチューバーが全身サーキット70セットで2時間くらいかかったらしいので妥当。
ここまでをあたしは筋トレと呼んでいて、そのほかに室内バイク25分と加圧カーフレイズもやる。
階段での一段飛ばし昇降タバタ式はやめた。
肩、背中、ケツが今のところ非常に手応えがあり、どの種目もこのまま継続したい。
ただ、ブルガリアンスクワットが左右で少しフォームが違って、効く部位もズレてる気がする。
なるべく統一して均等に鍛えたいけど難しいので、やっぱり両脚種目を取り入れたい。
また、片足でなおかつ深くが難しく、せいぜい膝90度くらいまでしかしゃがめてない。
低重量でいいからダンベルを持って、両脚でフルスクワットを取り入れようと思ってる。

正しい筋トレより実践しやすい筋トレを目指している。
効率は悪くても良いので、間違ってても良いので、やりやすいようにやっている。
お薬さえ飲んでればやり方がおかしくても、筋肉への刺激がゼロでないってだけでどうにかなる。
そう思い込むことによって、安心して我流を貫き通せる。
また、薬をやることによってタンパク質が利用されやすくなり、回復に貢献しているはずだ。
だから今やってる量をこなせてるわけで、やりたいことをやりたい分やるための薬でもある。
薬がないとしんどいだけで筋肉もつかないし面白くないし、筋トレやる意味がそもそもなくなる。
薬なしでも筋肉がつく恵まれた人達の筋トレに騙されてはいけない。
同じようには出来ないし、同じようにやっても筋肉はつかないしケガするだけだ。
見込みのない人は薬に頼って、薬で難易度を下げてやっと継続し成果も期待できる。
見込みもないし薬もやらないなら当然、筋トレもやめるべきだ。
筋トレすれば誰でも筋肉がつくと思って騙されて始めた人の継続率は極端に低い。
つまり最初から筋トレすべきでなかった人がたくさんいる。
あたしも筋トレすべきじゃない体に生まれたが、薬でとても楽しく筋トレできている。
意欲が止まらない。

けどこれは人並み以下のあたしが人並みを目指すための筋トレでしかない。
誰かに見せるために人並み以上の筋肉が欲しいなら、安全でない量の薬も必要になる。
そしてそれはおそらくお薬ではなくお注射だ。
経口薬はちょっとでも多く飲めばすぐ耐えられなくなるから、志の低い人向け。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。