いつでもやめられるFirefox

FirefoxからChromeへ乗り換えてみたんだけど、まぁだいたい想像通り。
出来ないことは出来ないし諦めるしかない。
とにかく、記録されたパスワードなどがスムーズに移せるから、それが満足だった。
それ以外は不満だらけだが、Firefoxもいずれ行く道だ。
いずれ慣れるしかない事だから、今すぐ慣れても別にかまわない。
でも逆に、簡単に移行出来すぎて、今じゃなくいずれ移行でもいいと思ってしまった。
あたしはブラウザをカスタマイズして当たり前だと思っていた。
でもChromeはほとんどカスタマイズ出来ない。
つまり、いつ移行してもそこから環境を整える手間というものが一切無いのだ。
Firefoxでできた事をChromeにも求めて、カスタマイズしようと思ったけど出来なかった。
ほぼ何も変更してないChromeを使う事になる。
じゃあ別に、Firefoxがたとえ近い将来は沈む船でも、沈んでから乗り換えても間に合う。
沈んでからじゃ間に合わないくらいカスタマイズするってことはない。
今日乗り換えても、来年乗り換えても同じ。
ただその来年までの間が不便なだけ。
Firefoxがこれからどんどん不便になりChromeに近づくことは確定だ。
Chrome並に不便になるまでは便利でいようと切り替えた。



現状、Tab Mixが使えなくなったことでuserChrome.cssとabout:configをいじっている。
Chromeにはそれがないし、Firefoxでもこれが将来にわたって維持されるわけではない。
FirefoxはChromeのようなブラウザを目指して舵を切っている。
Firefoxではなく、Tab Mixをメインブラウザに使っていた。
FirefoxはChromeとほぼ一緒だが、カスタマイズでTab Mixに近づける。
でもいずれそのカスタマイズは出来なくなり、Chromeとほぼ一緒に戻される。
そして、ほぼ一緒ならなにもマイナーなFirefoxを使う理由はなくなる。
そして今回Chromeへ移行してみて、簡単に全て移行出来ることがわかった。
今はFirefoxを、カスタマイズ出来るChromeとして使える。
それが出来なくなったら、どっちもただのChromeになるから、メジャーな方を使う。

ちなみに、ChromeからFirefoxに持ってきたい機能は一切なかった。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。