真女神転生4ファイナル

前作の真女神転生4は本体ごと買って遊んだわけだが、追加コンテンツは買わなかった。
それって、ステーキ注文して配膳されてからソース別売りって気がついたようなもの。
せっかくのゲームの楽しさを、販売方法への疑問で全部パーにした気がしてた。
その真女神転生4に関連する真女神転生4ファイナルってのがずっと前から出てた。
どうせマニアクスみたいに、ちょっとだけ足して新規で売ってるのかと思ってた。
でもこれって、同じ世界を別の主人公で遊ぶ感じの続編なのね。
話の続きではなく、同時進行で別の人がもし活躍したらっていうストーリーだね。
ifのアキラルートだけ別売りにしたらこんなもんだろう。
と言うことは、プレスターンバトルの面白い女神転生をもう一度って事になる。
同じ話で追加ありでもう一回遊ぶ気はないけど、一応は別の話だからな。
前作の主人公は上の世界から、今作の主人公は下の世界からスタート。
前作がどんなエンドだったかも忘れたが、今回はまた別のエンドになる。
ストーリー以外の、バトルとか悪魔合体とかはほぼ同じ。



とにかく話のやりとりが長い。
いったん会話を聞くパートに入ると、次にセーブできるまでだいぶかかる。
3DSだから閉じてスリープさせておけばいいけど、そうしなきゃいけない程に長い。
いや全部読めばね。
スキップすれば一瞬だけど、一周目ぐらいは読みたいじゃない。
でも女神転生だから漢字が多いし、宗教だか哲学だかわからない読みにくい話だ。
しかも今回、こっちに選択を迫る前にいつも、正しい選択のヒントをくれるんだよ。
選んでゴールしたと言うより、選ばされてゴールした感じで、他のルートを選びにくい。
だから話が長い上に、読んでも解釈側の自由がなくて誘導されまくり。

ま、合体にずっと夢中になったり、弱点ついたりマップ埋めたりは面白かった。
ラスダンがあまりにも広くて歩かされ、2周目はやらない決意を固めた。
そうすると1周目で行けるところは全部行っておくし、やれることはやっておく。
まぁ、だいたいやって満足に遊んだ。
あとは図鑑を埋めるだけだろ。

もうドラクエやFFは新作が出ても興味が起きないけど、女神転生はまだ目が行く。
25周年とかいってまた新作出しそうだし興味を持ってしまう。
ただ、今回のように話も長いしダンジョンも長いし、DLC切り売りするしでは、
以前のように飛付いて遊ぶわけにはいかない。

いやとにかく長かった。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。