キュベレイとバルバトス

最近テレビでやってる鉄血のオルフェンズを毎週見ている。
主人公が強化人間な設定とか、発掘ガンダムが強いらしい設定とかが気になる。
だもんで、プラモデルの方も欲しくてチェックはしてたんだけど、決め手がなかった。
いや欲しいキットはいくつかあるが、欲しいったって無駄な買い物だしさ。
加齢と共にどんどんケチ臭くなっていく実感があるあたしは、
この程度の欲しさ加減で買ってたらキリがないとか思っちゃうんだよね。
エクシアとかずっとスルーして欲しくなくなったし。
そうしてる間に、キュベレイのHGが新しくなって登場してるじゃない。
古いキュベレイもまだ持ってるけど、これは即決だった。
その即決ついでにバルバトスも買った。
いや単品じゃ買わなかっただろうけど、一個買うとついで買いしちゃうね。



相変わらず塗装する気はないんだけど、トップコートは吹きたい。
トップコートを吹くとまるで塗装したかのような質感になるってだけね。
塗装できない人だからこそ、まるで塗装したかのような質感を求めるのであって、
塗装できる人はそういう中途半端な結果に何の意味も感じないだろう。
塗装するなら仕上げるし、塗装しないなら仕上げは無駄って割り切るはず。
そう言う事を考えてたから、むしろキッチリ吹くよりムラがあるくらいの方が、
塗装してムラがありますよっていう作為に近づくと思ってる。
出来る人が目指すゴールではなく、出来ない人の目指すゴールだからそっちな。

あと、以前トップコートの吹きすぎでプラスチックを変色させた事があるので、
キュベレイもバルバトスもキットの白の部分だけ吹いて、他はやめておこうかと。
つーわけで今回初めて、組む前にランナーごと白部分だけに吹き付けた。
んでまだ組み終わってない。

旧キットではキュベレイのピンクをあり合わせのカラーで塗ったので、
ちょっとイメージとは違うピンクになってしまったんだよ。
今回はピンク部分が色プラで再現されてるから塗る必要もない。
一箇所だけシール。
顔も旧キットではがんばって満足な出来に塗ったけど、今回はシール貼っただけ。
同じキュベレイで、好きな人が見なきゃどっちでも一緒だと言われるレベルだが、
好きな人だと微妙に全部格好良くなってて嬉しい。
プラモって楽しいなってしみじみ思った。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。