横に並べて攻撃参加

1077 letters | 448 views | コメントする

 どうやらワサコレのOMFとDMFは一人だと中央突破したがり、二人だとサイド突破したがる癖があるみたいだ。そして中央突破はあまり成功しないため、中央に一人だけ配置されたOMFはなんの役にも立たず、ボールもほとんど回ってこない不遇のポジションになりやすい。どのフォーメーションでも、OMFが二人であればOMFが各サイド攻撃に参加してくれるが、DMFが二人だとDMFが各サイドの攻撃に回る。DMFにサイド攻撃をやらせるとOMFがほとんど攻撃できないし、OMFにサイド攻撃をやらせるとDMFがほとんど攻撃できてない。



 でも攻撃できないOMFって、本当にただいるだけで無駄にしかならないんだけど、攻撃できないDMFは守備でそこそこがんばってるわ。DMFにサイド攻撃させると、逆にカウンターで攻められたときに守備がザルになっちゃうわけで、その間も別に攻撃参加しなかったOMFがカバーリングとかはしていない。それよりだったらサイド攻撃をOMFにやらせて、カウンターを一人しかいないDMFに止めて貰う期待をした方が良いかも知れない。いやDMFだってカバリングしそうもないけれど、距離的にOMFでは間に合わないところまでいけるしな。

 それに、いざ中央突破のためにOMFがボールを持った時点では、既に相手の守備陣に近すぎてプレッシャーがキツいというのも、活躍できない一因かも知れない。プレッシャーのキツくないワンボランチからフリーでフォワードにスルーパスを出せるのが強い気がしてきた。いやいままだスキルCのスルーパスだけど、これがスキルBのキラーパスを出せるボランチだったら強そうだなと思う。ワンボランチな分、守備もがんばらなきゃいけないので、チェイシングとキラーパスのスキルAがあれば理想かも知れない。

 現時点で、スアレスのアカウントは左のベインズを適性オレンジだけどMFで使って343のOMF無し、イブラヒモビッチのアカウントはスルーパス持ちのピサーロをワンボランチにして451にしてる。イブラヒモビッチのアカウントは今デビジョン1で3勝2敗という妥当なポジションにいるのに、スアレスのアカウントは今週もプレミアで4勝1敗という絶好調スタート。両方ともサブメンバー込みの戦力37000なんだけど、スアレスの方は格上をバンバンやっつけちゃうし、イブラヒモビッチの方は格下にもちょいちょい負ける。星3の川島や長谷部を使ってるのにプレミアで結構行けてるって、どういう基準でやってるんだかよくわからない。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。