三大ソーシャル実験中

 facebookとGoogle+を、個人の交流目的ではなく既存サイトとのコラボレーション目的でいろいろ試しては壁にぶつかり、その度に一番書きやすいTwitterに書くという作業をしているわけで、結局、Twitterはそういう使い道を既に見いだしているが、facebookとGoogle+はホントに何に使っていいのか思い浮かばないって感じ。



 共に「ページ」なるものを作れるわけで、既存サイトとコラボするならプロフィールではなくページを作って、そっちでやるってのが正解のはずなんだよ。その、作ったページという物が使い物にならなくて困っている。Google+では、既存サイトから作ったページにリンクせよって事になってるわけだが、訪問者をそのリンクしてあるGoogle+ページに誘導するメリットもないし、見て利益のあるようなコンテンツを用意できるインターフェースもない。連絡先とかを書く欄があるけど、そんなもんは普通に既存サイトに書けばいい。掲示板的に使いたくても本人しかスレッドが立てれないし、ブログ的に使うには編集機能が貧弱すぎる。長文の編集には非力でも、Twitter的に短文を発信する程度なら十分なので、ページを作ってる側が発した情報をRSSのように購読者に伝える役割を果たせるけど、RSSと違って自動で生成するような仕組みはないので、サイトを更新した後にいちいちGoogle+にどこを更新したか書かなきゃならない。Twitterと違って手軽に書き込むツールが用意されてなくて、それでも若干のツールやiPhoneアプリはあるので試してみたが、プロフィールにならさっと書けるが、ページには書けない。こんな中途半端なのに、本家サイトとは別にページに+1した人の数を競わせようとする仕組みがあるわけだが、ページには出来る事に限界があり、どうしても詳細を本家サイトで伝えるとこになり、じゃぁ本家に+1でいいじゃんって思う。もちろん本家のRSSを購読しておけばいいんだから、Google+ページをフォローする意味もない。一応、投稿にコメント出来るし、そこからユーザー同士のみせあいっこに発展する仕組みがあるが、それこそページではなくプロフィールでやる事だ。Google+がそんなだから使い道を見いだせなくて、facebookのページをいじってみたが、Google+と同じ仕組みの物をfacebookユーザーしか見れないようにしただけのような違いしかなく、余計使いにくく感じる。ホント、使い道がない。

 免許証のコピーを送った効果か、アプリがなぜか一個だけ作れるようになってて、facebookのコメント欄をWordPressに設置するってやつにその一個だけのIDを使って動作確認してみた。が、書き込んだコメントがその書き込んだ直後は表示されてるが、再読込すると消えてしまい、なんじゃこりゃ?って思ったらその書き込みが自分のfacebookページの近況に表示されてた。あぁ、facebookページ名義ではシェアは出来るけどよそに書き込みできないわけだ。それじゃ汁ムゴ魚名義で書き込もうと思ってページを作ったのに意味なかったな。今後もこのコメント欄に本人からの返信はしないって事になるから、やっぱりこれも使い道ないなぁ。こういう感じだったら削除しちゃうかなぁ。

 三大ソーシャル共に、WordPressのサイドバーに書き込みを表示する仕組みがあるから、いちいちそれぞれのページを開かせたりフォローさせたりせず、本家サイトのサイドバーで情報を出す事が出来るわけだから、一応、各ソーシャルに適した情報を分散させつつ、集約した表示もするってことは可能だ。だからこそ何をどこに書けばいいかって言う事を見いだしたいが、結局、ツールでどこからでも楽々書き込みできるTwitter以外は、何に使っていいかわからない。

 あたしとしては、最近全然更新してないフリーソフトの不具合報告なんかを、自前の掲示板じゃなくソーシャルで行いたい。それをfacebookでやるとしたら、複数アカウント持てないのでページ名義でやりたいと思ったが、ページだと制約が多くて出来ない事ばっかりだ。Google+ならいくらでもアカウントが持てるし、特にフリーソフトの不具合とかは書き込みしなくてもみるだけで解決することもあるから、ログインしなくてもみれるからちょうど良いんだけど、訪問者の方からトピックを作れないからそういう使い道が出来ない。この使い方が出来ないのであれば、他にソーシャルを利用する目的が思い浮かばなくて、どうしようかなって所。

 なんかうまく既存サイトと共存させてる人っていないの?

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。