でも結局Firefox

1285 letters | 1575 views | コメントする

 今回はChromeの拡張機能をいろいろ試してみて、かなり便利になったと言う事を思い知ったが、結局、便利な物ってFirefoxにも移植されてるわけで、いや、逆にFirefoxが先でChromeに移植したのかもしれないが、別にChromeを使う決定的な理由になるものは見つからなかった。それよりも、あたしの使い方だとタブをやたらと多く開いてしかも開きっぱなしにしちゃうので、仕様的に多段タブに出来ないChromeに窮屈さを感じた。よって、ChromeをFirefox的にカスタマイズして使うのではなく、まだあまり拡張を入れてないFirefoxに、もっとChromeで探してきたような拡張機能を入れて使ってみることにした。Firefoxは重いってよく言われるから、拡張機能を足してさらに重くなるようなイメージがあり、最低限に使っていたが、とりあえずいっぱい入れて見て、要らなきゃ削除してみようかなって。



 そういうつもりであさってみたんだけど別にあんまり増えなかった。昨日まで、アップデートが途絶えたGoogleバーをしつこく使い続けていたが、Firefoxにはじめから入ってる検索窓を使ってみたら、Googleバーと同じように、どこかから未知の単語候補を提案出来る事を知り、ようやくGoogleバーを削除できた。Googleバーにまとめてあった機能を別個の拡張としてインストールし、あとは面白そうだからってFTP拡張入れたぐらいで、他に必要な物はなかったよ。

 Chromeでは、Googleアカウントにログインするだけで家と事務所のパソコンで情報を共有するってのがあり、まぁ、その機能は中途半端というか、働いたり働かなかったりしてあまりあてにならなかったわけだが、それをFirefoxでやる拡張はないのかと思って調べたら、別に拡張を入れなくても標準機能として搭載されてた。しかしChromeと違ってメールとパスワードだけでは利用出来ないようで、まずメインを決めて、そのメインから発行するコードをサブで入力とかって言う手間があるようだ。あたしは間違えて、サブにしたい方でアカウントを作ってしまい、そのコードをメモって来なかったので、メインにしたい方からログイン出来なくて残念な感じになってしまった。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。