さすがにもう読めもしない

1451 letters | 1355 views | コメントする

 もう何年も、このサイトに自己満足の日記を書くことを続けているが、その前はplalaに珍々堂というホームページを作っていて、その頃はブログという物を知らなかったので掲示板のCGIスクリプトをブログのように使っていた。珍々堂はメインコンテンツがDTM関連だったが、だんだんDTM関連の更新をしなくなって掲示板に日記ばかり書くようになったから、当時ブログとかも流行りだした事だし、ぷららには音楽関係を置き去りにしたまま、新しいサイトで日記とかやっていこうって事でここが出来たわけだ。その時点でサイト名なんてあってもなくてもどうでも良かったんだけど、テキトーに考えついたのが「汁ムゴ魚」で、読み方も別にどうでも良いんだけど、本人は「シルムゴウオ」って呼んでる。何か意味があるのかと言えば何の意味もなく、むしろ、意味のないことを書いて混乱させたいという気持ちがあったわけで、移転したんだかしてないんだかわからないような感じで、サブタイトル部分も「10秒後に移転しない場合はここをクリック」とか何とかって書いてたはず。テキトーにと言っても完全にランダムな言葉が出るわけなくて、あたしは文字化けしたようなサイト名にしたいと思ってて、そのあたしにとっての文字化けのイメージの言葉を並べたのが「汁ムゴ魚」って事だ。で、後から考えてみるとたぶん中国の掲示板で「什么?」ってよく書かれてあるのを見て、中国語だか日本語だかわからないような言葉として「汁」とか「ム」とか入れたくなったんだろうな。



 しばらく前から「ム」を「么」にしてるが、これはあたしにとってサイト名なんて飾りみたいな物だから、飾りに飾りを足すような感覚で、イタズラでヒゲを一本つけたっていう感じ。そのイタズラがエスカレートして、「ゴ」もどうにかしたくなったから「匚゙」とかやっちゃったが、もうこれ「ゴ」には見えなくなった気がする。濁点は半角カタカナを使っちゃってるから真の文字化けが起る可能性もあるし、これはさすがにはしゃぎすぎた。「么」が「ム」っぽい字だって通るのは、それ以外の文字が一応読めるからであって、変な字が複数あると全体として読めないワードに成り下がるな。別に読めなくても良いけど、これは元々は「ゴ」だったのをあとから冗談で「匚゙」にしたんだって事が伝わってくれた方が満足なんだけど、これじゃただの暗号みたいになっちゃった。正直失敗した。

 中国で使ってる漢字と台湾で使ってる漢字は多少違ってるので、フォントも別の物を使っている。中国の漢字は昔ながらの漢字をかなり省略した画数の少ない物になっていて、「么」は中国の漢字だから台湾の漢字用フォントには入っていない。トップページに飾ってあるGIFでは「汁」や「魚」を篆書体で書いてるが、篆書体は古い字体だから「么」が入ってないみたい。昔作ったGIFは昔の筆まめについてきたHG篆書体を使ってたが、いまの筆まめにはそのフォントが付いてなくて、仕方なく向こうのサイトから篆書体フォントをダウンロードしたが、そもそもこっちのWindowsに正しくインストール出来なかったり、出来ても必要な字が入ってなかったりした。パソコンがフォントの残骸でゴッチャゴチャになっちゃった。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。