Androidも飽きてきた

1725 letters | 1126 views | コメントする

ざっくり言って、出来る事が限られててつまらない。
パソコンみたいな物なんだから、パソコンみたいな事が出来るわけだが、
パソコンがあるのにあえて携帯でやりたい事と言ったら、結局パソコンで出来ない事に限られ、
電話とか写メとかっていう、元々パソコンに付いてない機能をどう使うかってあたりと、
あとは持ち運びの便利さからパソコンと同じ事をより便利にやるくらいだ。
しかしパケット遮断してると使い道が限られて、結局カメラか電話ぐらいになっちゃう。
とりわけカメラ部分は自分でアプリを作るほどいじったが、そもそもSDKが提供してるAPIでは、
自分の求めるほど自由なアプリは作れないという現状で、これ以上先には進めなくなってる。
自分の電話がこうなったらいいなと言うネタはいくらでもあるが、
それを作れるほどの自由は与えられていないって感じ。
root権限で動くLinuxアプリを作れば自由度は広がるようだが、
Androidさえ素人なのにそんな何ステップも先の技術を勉強するのは、
たかが電話をちょっとだけ便利にする手間としては面倒すぎる。
それで、結局はSDKで何が作れるかというと、あまり機種依存しなさそうな安全なアプリだけで、
安全なアプリの範囲内でもアイデア次第でいろいろ面白い物は作れて、
しかし面白いだけで、面白がって終わりで、根本的に不便を解消したり便利にしたりは出来ない。
一時的に面白がるだけのアプリを、作った本人が末長く面白がれるわけもなく、
むしろ本人が一番先に飽きるわけで、そういうのは作ろうって気がしない。
自分で使うために必要で、自分でずっと使い続けて、自分で必要なアップデートを行うのがいい。
だのに、標準的な用途では標準アプリが、SDKでは出来ない事まで搭載してはじめから入ってるし、
標準的でない用途なんてそもそもいらない機能だから標準じゃないわけだし、
それでも必要かと思っていざ作ってみると、SDKの限界であまり踏み込んだ物は作れない。
何でも出来るんなら、何年も使いたくなるアプリを何年もかけて作っていきたかったが、
あたしの能力で対応出来る範囲では、そういう遊びは無理そうだ。
ので、飽きた。



自分で作るという遊びに飽きたら、あとは自分で作れないアプリがマーケットにあるかどうかだが、
まぁ、電子辞書はEPWING対応で、昔の携帯よりスマホの方が便利になったな。
カメラは国産でデジカメ能力が高いやつはいくらでもあるので、そういうのに比べたら劣ってる。
Wi-Fiが使えるようになった事はスマホにしてよかったよ。
カレンダーが見やすく書きやすく、従来の携帯でも出来たけどスマホなら使いたくなる。
ナビはiPhoneのnavicoなら便利だが、AndroidではGoogleナビがあまり便利じゃないし、
うちの端末では有料のRoadquestがマーケットに表示されず、必要ならiPhoneを使うしかない。
ゲームは電話より専用機の方が面白いし、音楽や動画も使わないし、あと使い道がないな。
やっぱり普段はパケットもGPSもオフにしてるから、外で実力を発揮する機会があまりないって事も大きい。

多少便利になったが、しょせん電話だ。
次は2年後だが、ちゃんと実用重視で防水とかカメラとかバッテリーとかで選ぶわ。
iPhoneは2年も使うのが嫌だと思ったが、Streakは普通に2年使う気になれる。
むしろ、壊さずに使い続けられるかが不安。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。