バイブとか防水とか

昔から携帯電話はベルトフック型ケース(?)で持ち運び、腰でバイブを感じて不便なく使っていたのだが、
現在、iPhoneにダイソーのシリコンカバーを付けて、ベルトフック型のケース(?)に入れてたら、
元々のバイブの弱さをさらにシリコンが吸収してると推測するが、着信に全く気がつかない。
静かなところではバイブの音が聞こえるから気がつくが、振動だけでだと無理のようだ。



シリコンを付けたあたしが悪いのであって、付けなきゃ十分なほどのバイブではあるのだろう。
やっぱり裸で使うしかないと思って、カバーを外して折り返しの電話をしてるその手に汗がいっぱいで、
水に落とさなくても湿気で壊れる携帯電話を、カバーも付けずに汗ばむ手で使いたくない。
いっそ壊れちまって防水のAndroidに乗り換えちゃうのは理想なんだけれども、
それはお金に糸目を付けない場合の理想であって、現実はiPhoneを2年は我慢して使わなきゃいけない。
MEDIASのCMで、雨降ってるときでも平気で利用してるが、そのくらい出来て当たり前だと思うし、
むしろ降ったら携帯を守って屋内に逃げなきゃいけないとか思うと嫌になる。
ギャラクシーもブラックベリーもiPhoneも、世界的に普及してるやつは防水を考えてないものばかりで、
日本はまだしも、霧が濃い国とかスコールが来る国とか、もっと深刻なところはあるはずなのに、
どうしてこうも無頓着なのかと呆れている。

で、逆に考えて、無頓着なのが正解で、日本の防水携帯が行き過ぎ、もしくは、
日本の非防水携帯が弱すぎなんじゃなかろうか。
iPhoneもブラックベリーもギャラクシーも、裸で使ってスコールに当たっても水没しないのかな。
ひょっとして。
もちろん水にボチャンはダメだけど、どしゃ降りぐらいは耐えるんだろうか。
ちょっとググってみると、ゲリラ豪雨で平気だったという人もいるようで、
雨が降ったら水没するかも知れないという話は多いが、実際雨ではほとんど水没してないみたい。
雨が平気なら濡れた手での操作も楽勝じゃないか。
MEDIASが誇らしげに雨に濡れてるけれども、あれをiPhoneでやったら壊れるのかどうかを知りたい。
壊れるんだったらもう防水以外の携帯は買わないし、2年間はビクビクおびえて過ごす事になる。
しかもバイブが弱すぎる事を我慢してでも、iPhoneにいろいろかぶせて大事に使う。
他の機種なら、壊れたよってソフトバンクに持って行けるのに、iPhoneはソフトバンクじゃ治せないだろ。
壊れたら他の機種より面倒くさいiPhoneなのに、雨降っただけで壊れるかと思うと使い物にならない。

メジャー機種だからこそバンパーとかカバーとか選べるというメリットもあるが、
メジャー機種はどれも防水を考えてないのが困る。
ギャラクシーやブラックベリーが、水濡れしたときdocomoで応対してくれるなら防水じゃなくても良い。
iPhoneが防水になったらソフトバンクで治せなくても良い。
ただ、バイブの弱さすら気になる今、もう国際標準的なものはやめて、純和風物にした方があってるのかも。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。