なかた屋

1259 letters | 1324 views | コメントする

弘前警察署の向かいにあるラーメン屋が結構評判良いらしいので一人で行ってきた。
メニューは背脂魚介、煮干し、塩、つけ麺とあって、その中のどれがおいしいのかは聞いてなかったが、
おそらくメニューの一番最初に書いてある背脂魚介が、店の一番のおすすめだろうと推測した。
まぁそうでなかったとしても、あたしはアンチつけ麺だしカロリーが欲しくて食べに言ったから、
このラインナップでは一番こってりしそうな背脂魚介を選ぶのはキマリだけどね。
で、その背脂魚介の話だが、麺は豚骨ラーメンみたいなストレートで、今やそんなに珍しくもない。
それよりスープだが、これって背脂が入ってるから印象が別物に感じるが、
背脂が入ってなかったら青森のマルカイにそっくりな味。
あたしはマルカイも大好きだが、マルカイに足りないのはまさに油だと思ってるから、
マルカイ風スープに背脂という組み合わせはかなり理想を現実にしてくれた贅沢な味だ。
レンゲでスープを飲むと、浮いてる背脂とネギが混ざって入ってきて、とてもおいしかった。
チャーシューは薄切りで二枚入ってた。
トッピングを別注文できるのだが、メニューに生卵とか書いてあって、月見ラーメンでも作るのかって思ったが、
どうやら卵かけご飯をラーメンと一緒に食えって事らしい。
それはどうかなと思うが。



テーブルに、自家製一味唐辛子と魚粉が置いてあったのだが、それを入れなくても十分おいしかったので、
麺を食べきってスープも残りわずかという時点で気がついて、その時点で両方入れて見た。
そこまでマルカイ風だなぁと思って飲んでたスープが一気にタカハシ風にチェンジし、
それもおいしくて結局スープは全部飲んできた。
元々タカハシには魚粉を入れてないのだが、大量の煮干しを大火力でグツグツやるせいで、
意図せずスープは煮干しの破片だらけになっちゃうわけだが、その状態を意図して魚粉で作れるんだな。

弘前は近年急激にラーメンのレベルが上がってる感じだが、魚系がすごく多くなってる。
偽タカハシもレベルが高いが、結局はこってり且つ魚のだしが強いという系統で競い合ってるんだな。
以前は弘前じゃどこに入ってもマズい状態だったが、今や新しいところはとりあえず旨い。
でももう少し年配になると、その昔のマズい弘前のラーメンが好きでおいしいって話をするから、
人の好みはわからないものだ。
レベルが上がったと言うより、弘前以外の人にも受ける味の店が増えたって事になるかな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。