1軍不在

1632 letters | 952 views | コメントする

以前は日韓戦となると宿命のライバルとか絶対負けられないとか、
まるで実力が拮抗しているかのようなスタンスで盛り上げていた物だが、
さすがに昨日の壮行試合は、韓国が史上最強と言われるメンバーであることを挙げたりし、
酷い負け方をした場合への予防線を張ってるなという印象がはじめからあった。
確かに韓国が日本より強いってのはその通りなんだが、列強ってほどでないのも明かで、
むしろ日本の方がやたら弱くなって差が開いてると言うことに間違いない。
弱すぎて、以前から監督を辞めさせろと言う意見がだいぶ出ていたわけだが、
これは監督が悪くて弱いんじゃなくて、やっぱりチームを形成する駒不足が致命的だと思う。
パクチソンに言われるまでもなく、日本は今残りカスのような1軍不在の弱小チームだ。



確かに本田はいいタレントで、悪い状況を一人で打開する力を持っているが、
彼が司令塔にいれば司令塔でしか働けない俊輔があまってしまっている。
そこのポジションだけ駒が多いから、そこのポジションを流動的に入れ替えながら攻めたいみたいだが、
どうも理想と現実にギャップが生じているようだ。
ボランチが不動の遠藤ってのも、遠藤ぐらいしかいないのかよってのが本音で、
誰にやらせるか迷ってた時代が懐かしいくらいに駒不足だろう。
サイド攻撃ばっかりしてたら裏のリスクをどうするんだって言えてた時代はまだマシで、
サイドが何にも出来ないから中央でタレントに頼るしかなく、タレントもサポートなしではうまく機能しない。
闘莉王か中澤かどっちかでもかけると守備はまだしもセットプレイの力が皆無になる。
あと強い頃の日本は川口が神風を起こしていたので、楢崎ではちょっと頼りない。
これは本当にどうやって勝つつもりなのか全く糸口が見えない。
たとえ監督を交代しても、この駒で勝つっていうシナリオは誰にも作れないと思う。

たぶん、総入れ替えで勝つためのチームは作り直せると思うんだよ。
ただ、うまい選手をうまいから入れるとかってのは、勝たなくてもいいオールスターの発想であって、
徹底して勝ちを狙うチームを作るなら、全体としての強さを優先し、人気選手を外すこともあり得る。
そう言うことをたぶんフランスのW杯でやって、それでも勝てなかった経験があるせいで、
今回は徹底しない半分オールスターみたいなチームになっちゃったと思うんだよね。
そこは確かに失敗だったけど、勝つメンバーセレクトは2年くらい前からやってないと間に合わないし、
オシムの引き継ぎみたいな形でのスタートではこれが限界だろう。
本当の失敗は老いたオシムを起用したことで、予想できたリスクが今回は直撃した形になった。

アジアの枠の数とか予選の組み合わせの楽さ加減で、今回はW杯に出るけれど次はないかもね。
前回で終わったと思ったのに、もう一回出れた方が運よすぎ。

コマーシャルでも大丈夫なのかって言ってて、どうなれば大丈夫なのか考えてみたのだが、
惨敗しなければ大丈夫ってラインなのか、一勝でも出来ると思ってるのか、
はたまた目標に掲げたベスト4が大丈夫なんて言わないよな。
W杯じゃなくても勝てないというか、勝ち方が見えてこない。
始まる前から言うのも何だが、次世代に期待したい。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。