スパドロにしました

1578 letters | 1449 views | コメントする

ノベデックスXTを2個(2カプセル×20日分×3オフ÷60カプセル入り)買うついでに、M-Drolを2個注文。
9月に1アンドロにスタックして月木土で摂取するのは、ハロドロじゃなくてスパドロにしてみるかなと。
仕組みはよくわからないがクラス2と言う事で、非メチルのクラス1とスタックしようという方針に変化なし。



あたしのプロホルモンに関する知識は、まず例のホモの人のサイトから得たものばかりだったわけで、
その後、調べれば調べるほどそこのサイトに書いてある事の信憑性は低くなり、
今では、個人体験以外に本当のことは一切書いていないと評価しているけれども、
そこのサイトでオススメだったプロホで入手出来る物は、やはり興味があってやってみたい。
ただ、特にプロホの分野は成分表通りの物が入ってないという第三者調査報告が多く、
今イケイケで売れてるギャスパリでさえ、複数の商品がステロイド混入でリコールしているため、
あまり変なメーカーのやつは買いたくないのだが、少なくともCELはエピとフラザがバッチリ効いたので、
CELだったら信用して何でも買って試したいって気にはなってる。
ステロイド屋で知らないメーカーのウィンストロールやトゥリナボルを買ってみるより、よっぽど頼りがいがある。
フェラプレックスの同等品でガイノが発生したとかいう事故は、CELには起らないと信じている。

一応スパドロはDHTの仲間だから、それ系は禿げると思ってる人にはナシなんだろうけど、
ハゲ進行中のあたしの実感として、DHT系プロホのオンかオフかで進行度に違いを感じないので、
せっかくテストステロンより何倍も効くプロホを避けるのはもったいない気がする。

その他の副作用は確かに気になるところも多々あり、
スパドロやフェラプレックスは、ハロドロやエピよりワンランク上の危ない薬だと思っている。
某ホモ氏はデザイナードラッグという言葉の意味を勘違いしていて、
本当は、違法な薬をチョッピリ変化させて脱法ドラッグにした物という意味なのだが、
色々ブレンドして副作用と作用のバランスを調えた安全な薬だと紹介していて、
そこが間違いだと安全さの根拠はなく、危険で違法な薬のバリエーションでしかない。
それ以前に登場したM1Tより安全だというのは、理論上もコミュニティからも確かだろうが。
気になるのはアンチエストロゲン効果で、エピスタンと同じって事になるのだが、
エストロゲンをあまり抑制しすぎて副作用が出る人もいるらしく、過剰摂取は禁物だろう。
それはノベデックスXTでも似たことが起るらしく、プロホに限ったことではない。
また、利尿作用があるらしく、その辺も気になる。

日本向けにスパドロを大量に転売してた業者がいたらしく、その業者が過剰に褒めちぎったため、
おそらくスパドロは某ホモ氏よりそこの影響で、日本には浸透したと思われる。
ハロドロはおそらく某ホモ氏が間違って高評価したせいで日本に浸透したが、
この二つのプロホは共に、日本語で手に入る情報より実態は確実に良くない物だ。
ただ、あたしはどっちもまだ実際に使ってみてないので、やっぱり好奇心が沸くのはこの二つだ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。