バニラアイスクリーム味 #2

水やら牛乳やらで数回飲んだら慣れたようで、リピートしそうなほどおいしいと感じるようになってしまった。



最初は甘さが足りないと思ったけれど、ダブルリッチチョコレート味とかも甘さはこんなもんだ。
クッキークリーム味とかイチゴ味の甘さが強かったから、バニラ味にも勝手に甘さを期待してしまって、
期待したほどには甘くなかったってだけで、これはこのままでバランスの取れた味とも言える。

以前は、米国風の味つけは甘すぎるという勝手なイメージがあって、
日本人の繊細な舌に米国人向けの大雑把な甘いだけのプロテインはどうかなって思っていたが、
別に甘いのが米国風なんじゃなくて、このバニラ味こそ米国風なんだろう。
バニラに関しては、日本人のレビューはあまり良くないが、米国人のレビューはかなり良いわけで、
日本人が慣れていないのは、甘さではなく、バニラ味の方だと確信した。
日本ではアイスぐらいしかバニラ味がなく、アイスのバニラは激甘だから、
バニラなのにあまり甘くないということに慣れていないけれども、
きっと米国にはいろんなバニラ味の飲食物があり、中には甘くないバニラ味もたくさんあって、
たとえプロテインでバニラ味が甘くなかったとしても別に驚かないんだと思う。
逆に日本人は、バニラ味って何味だっけ?と、慣れてなさ過ぎてわからなくなると思う。
おそらく自分でお菓子を作る人なら、バニラエッセンスで味を知っていて、多少は納得するかも知れない。

よその人のレビューでは、プロテインがおいしくないと、飲むのが苦痛だったり捨てたりするらしいが、
あたしはそこまで嫌いになる味にはあたったことがなく、少しおいしいかメチャクチャおいしいかのどっちかだ。
このバニラ味を最初に飲んだ時も、不味いと言うほどではなく、これでも良いと思った。
おそらくあたしの場合は何味を飲んでもまぁまぁかそれ以上に感じるに違いないが、
どれかのプロテインが不味いと感じる人は、不味いと感じる味が複数あるに違いない。
不味いと感じるにはそれなりにクセがあるわけで、誰もマズいって言わないやつはクセがない。
誰かが不味いと感じるクセが、自分にとってうまいと感じるクセであれば、
そのクセが強ければ強いほどうまさも強く、何度でも買っちゃうだろう。
誰かが、ちょっと不味い程度ではなくすごく不味いと言ってる物ほど、好きになればすごくうまい。
だから、どんな味でも嫌いにならない自信があるなら、積極的に不評の味を買って試すべきだ。

今のところ、将来も買わないだろう味はバナナだけ。
ソイジョイでもシェイクでもアイスでもバナナ味は買う気にならないし、プロテインでは試す気がない。
うまかろうが不味かろうが、あたしには関係ない世界の味だ。
別にバナナが嫌いってわけじゃないし、そもそも我が家はバナナの消費が多いけれども、
他の味と並んでる中から人工バナナ味を選ぶほどには興味を持っていない。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。