BCAA+G到着

1467 letters | 1176 views | コメントする

前回プロテインを買ったときは正月休みでだいぶ遅れたが、今回は1週間以内に到着。
まだDNSのが残ってるけど、さっそく一つ開けて味見してみた。



粉質は似たような物だが、DNSにはトレハロースや甘味料が入っているし、
MRMはグルタミンが入っているので、見た目にも若干差があり、DNSの方が光沢がある。
口に含んだ感じでは、MRMの方が唾液を吸ってぎゅっと締まる感じで、
おそらくグルタミンがBCAAより溶けやすいって事だろう。
粉のまま飲んでるので味がどうのというこだわりはないが、まぁ多少は違うけど気にならない。

いつものように付属スプーン容量を量ってみた。
MRM付属スプーンですり切り2杯を、DNS付属スプーンに注いだら少々山盛りってくらいだった。
MRMにはすり切りとは書いていないが、3杯で6gと言う事になっているし、
DNSはすり切りで5.5gという事になっているので、これじゃ計算が合わない。
どっちのスプーン容量が正しくないのか、はたまた比重が大きく違うのか。
ハカリにティッシュを敷いて、その上にDNSスプーンすり切り4杯盛ったら20g強だったので、
おそらくDNSのすり切り容量はだいたいあってるはず。
もし比重に差がないとすれば、MRMのスプーンはすり切り3gくらい。
たとえ比重に差があったとしても、主成分が同じなんだからその差も大した差ではないはず。
ということで面倒なのでMRMのスプーンはハカリで量っていない。
小さいスプーンで複数回すり切って口に運ぶのは面倒なので、
どっちにしろDNSのスプーンですり切って使う事は確実。
どうせ気休めで飲むんだから、おそらくこれでいいと自分で思える量で満足しようじゃないか。
残ってるDNSのBCAAを全て、MRMのボトルに注ぎ足したので、もうMRMだけではかれないし。

別に頼んでもいないのにLAニュートリションのカタログが同梱されていた。
クレジットカードの人はライビー、円で払う人はNTJでって事で、カタログに値段は書かれていない。
そこのオリジナルブランドのBCAAは2kg買うと送料込み187ドルだった。
BCAA+Gなら2kg買うと送料込み125ドルで、グルタミン分割り増ししても150ドルでまだ安い。
それでも1kgで送料込み100ドル切れるのはそんなにないと思うし、
もしグルタミンがどうしても邪魔だと思えば、ちょっとぐらい高くなっても検討するかも。
あ、でも次にBCAAを買うのは1年くらい後だから気が早すぎるか。

プロテインの方もまだまだ数ヶ月先だから気が早いのだが、次回はバケツタイプを買おうかと。
チャンピオン、オプチマム、アイアンテックは、どれもボトルの口が狭くて、
少なくなってくるとずっと奥まで手を突っ込むので使いにくくなる。
ボトルの口が狭いおかげで、内面のカーブを利用してすり切れるメリットはあるが、どっちがいいかな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。