詰碁プログラム

1436 letters | 1236 views | コメントする

一手でおしまいの詰碁なら、正解図を見れば答えに納得するわけだが、
五手以上の詰碁だと、正解の変化が全部書ききれていない場合が多い。
例え一手目が正解でも、三手目以降が違う変化だと、その変化が正しいかどうかも検証したい。
自分が想定した変化を自分で解決出来なければ、納得して次の問題に行くことが出来ない。
その時納得できなければ、次にその問題を解くときも納得できず、正解を暗記するだけになっちゃう。



それで、詰碁自体をコンピューターに解かせることが出来ないかと期待したが、
しかし、持ってる囲碁ソフトは全て対局専用で、詰碁を解くことは出来なかった。
ググって探すと、銀星には詰碁専用ソフトが出ているようだが、それは持っていない。
他のソフトでは、良さそうなやつがパンダネットの有料サービスにエンジンを提供し、ダウンロードできない。
ベクターで探してみると、「横浜の詰碁」というのが、フリーではいちばん良さそうだ。

で、早速初段レベルの詰碁を解かせてみたら、見事に一瞬で応手を考えてくれて、惚れてしまった。
これは使い物になりそうだ。

次にやってみたのは、既に応募してしまって取り返しの付かない例の紙上認定の答え合わせだ。
もし、八段まで認定するほどの問題も解けるなら、紙上認定でソフト打ちが横行するかも知れない。
どこまで優秀なのかという好奇心もあって試してみた。
紙上認定の自己回答はいま手元にあるので、それと比較して、自分の実力も試したい。

まず、手筋の一問目をやらせたのだが、あたしが自信たっぷりに書いた答えとは違う所を指示した。
一瞬驚いたのだが、あたしはコンピューターが示した手に勝つ自身があり、応戦してみた。
すると、七手目でさんざん考えたあげく、コンピューターは答えを出せなくなって打ち切り。
あたしは勝ったつもりでいるし、自分の答えの方が正しいと自信を持っていたので、
逆に、あたしの答えに続いて生きる手段を探させてみたが、やはり時間とメモリーを使い切って終了。
さすが有段の紙上認定なので、このソフトには難しすぎる問題なのか。
続いて手筋の二問目もやらせてみたが、こんどは一手目すら答えを出せず、三問目も同様だった。
おそらく、詰碁のソフトでは、手筋の問題を解くことは出来ないのだろう。

次に、詰碁の方をやらせたところ、六問中の三問を一瞬で回答し、残りの三問は無理だった。
そのコンピューターにもわかった三問のうち、二問はあたしと同じ答えだが、一問は違っている。
今度は、コンピューターの答えに勝つことは出来ず、あたしの答えは見事に潰された。

結構簡単だと思っていた紙上認定が、かなり難しいと言うことに気がつき、自信は一気になくなった。
結局、検証出来たのは簡単な三問だけで、そのうち一問は確実に間違いだ。
どうも、いきなり高段というわけには行かないっぽいな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。