いじり足りずPSP

1483 letters | 566 views | コメントする

買って到着して当日にファームを入れ替えてしまうと、他にいじる所もない。
たとえば不具合が見つかったりしてアップデートがあれば、またそれに入れ替えたりはするくらいか。
よその人はエミュが動くとかなんだとかでもっといじって遊ぶんだろうけど、
あたしゃエミュならもっと性能の良いPCで、好きなコントローラで遊ぶから、
あえて劣った環境で我慢してエミュをやろうという気にはなれないから、そもそも手を出してもいない。
ちょっと前ならDevHookも面白かったようだが、今はファームが優秀だからあたしには要らない。
チートとスクリーンショットのプラグインを入れてみるぐらいが関の山。
これじゃ全然いじり足りなくて、背景を変えてみるなど無駄なことをする。



某ブログで見たスクリーンショットで気に入り、そのテーマ一式をダウンロードし、
readmeに書いてあるとおりに入れてみたらPSPが起動しなくなった。
おかしいなと思って他のテーマに入れ替えても、そもそも意図した表示にすらならない。
で、あっちもこっちも見てみたら、どうやらそれらのテーマは旧バージョン向けのようで、
新バージョンに入れたらPSPがぶっ壊れますよとちゃんと書いてあった。
幸いにも、テーマを入れる前に不安だったからバックアップを取っていて、復旧は出来た。
復旧できることがわかったら安心して、もう一回いじってみる。

画像

まず、背景のBMP画像については、真っ黒にしたかったら真っ黒を用意すれば良いようだ。
それ以外の色は、白いほどデフォルトの色とミックスされるという仕様らしい。
とりあえず黒背景化はこれで良しと。
波模様は旧バージョン向けに作られた物がそのまま使えるようなのでこれも良し。
旧バージョン向けアイコン変更がダメなようで、これを入れるとPSPが起動できなくなる。
電池マークとかも変更できるようだが、他のアイコンが変更できないと浮くのでこのまま。
起動時のSonyロゴも変えたければ変えられるようだ。

で、このテーマ変更後PSPを起動すると、一瞬だけ変更前の画面が表示され、
じわっと黒画面に変わるからカッコ悪い。
そこで、ソニーロゴを表示しないよう設定して起動すると、最初から黒画面で起動できた。
UMD認識前に起動しちゃうらしく、セーブデータ管理が選択状態になってる。
でもちょっと待つとUMDが自動で選択されちゃうので、ちょっと待たずにすぐメモステを選択すればいい。

こんな感じで変更して、背景黒は最初から狙ってた色だからこのままで良いけど、
ネオンウェーブが使ってみるとまだ地味な印象があるので、もうちょっと派手なのを自作しようかな。

無意味だね。
コピーゲームが動けば後はどうでも良かったのに余計な作業してるな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。