世界樹の迷宮で一ヶ月

B26Fは隠し扉とワープの階。
全ての壁を調べ、全てのワープに飛び込み、戻されては進みを繰り返し、
長いことは長いのだが、ちょっとずつちょっとずつマップが埋まっていく。
ようやく全部埋めて、遂にB27Fに降り立つと、すぐに落とし穴でB28Fへ。
B28Fは床の半分がダメージゾーンで、ようやくB27Fに階段で戻ると、床の半分が落とし穴だと気がつく。
このゲームのマッピングの都合上、床の半分にオブジェクトを描くことは出来ないので、
今までは壁を表すために使っていたペンで、通常床と落とし穴との境界を書くよう切り替える。
見える敵キャラの後を追いかければ、そこは床だと言うことは確定できるのだが、
敵キャラが歩かない床もあるだろうし、そもそも邪魔だし、結局何度も落ちて登る繰り返し。
B26Fでの単純作業さえなければ、このB27FとB28Fの往復に耐えられたかも知れないが、
さすがにもう面倒くさすぎて、ネットで検索して攻略サイトに頼った。
ストーリー上のクリアであるB25Fまではダンジョンも意地悪は少ないのだが、
B26Fからは先に進ませないための意地悪てんこ盛りで、
長く遊べると言うよりは、長時間停滞してストレスがたまるって状況だ。
攻略サイトによると、案の定この先も、先に進ませないギミックで停滞させる展開のようで、
B29Fについては自力での解決は一切せず、完璧に攻略サイトの最短ルートで走り抜けた。
最下層であるB30Fに複雑な仕組みはなく、ただひたすら長い一本道。
ようやくB26FからB30Fまでのワープが開通したが、ここまで最短で歩いてくるだけでかなりの時間だった。
いったんセーブし、B30Fに待ちかまえる最強の裏ボスに挑み、人間の限界を超えるダメージを受け全滅。
もうやめようかなと思った。
パーティーに後から入ったバード以外、全員レベル最高で、これ以上鍛えることも出来ないし、
つまりはこれ以上ダンジョンに潜ってザコと戦っても面白くないから、コイツを倒す以外やることはない。
しかし、既に攻略サイトを見ちゃってるので、コイツを自力で倒そうというモチベーションは残っていないし、
かといって、攻略サイトで見て他力本願で成敗しても、結局ここで終わりだし。



ライトユーザー向けのDSで、ここまで長いゲームも珍しいが、
長いと言ってもそれは丁寧にマップ書いて無駄に何度も往復してたから長いだけで、
このマップを埋めていくという遊びをただの作業だと感じる人の方が圧倒的に多いだろうから、
ごく一部の人しか楽しくなかったゲームじゃなかろうか。
もちろん、そのごく一部とは、あたしのようにマジコン持ってるくせに製品も買っちゃう人を含む。
あたしも途中まではマッピングも育成も大変楽しめていたのだが、
最後は成長止まるし単調だしヒント不足で自力で解けないクエスト多いし、
蛇足でわざと長くしただけって言う印象を受けてしまった。
長いほど満足できるゲームもあるが、こいつは長さがつらいゲームで残念だった。
といっても、他は一週間で飽きるゲームが多いから、一週間以上ハッスルできたから他より良かったのか。
どっちにしろもういいよ。

さて、これからもDSは続々とゲームが出るわけだが、全部遊ぶわけにはいかない。
次は4月の逆転裁判とFFまで、別にやらなくていいかなって感じだ。
だからさっさと注文したPSPが到着して欲しいが、札幌は東京より遠いらしく、まだ来てない。
アマゾンに注文したSandiskの2GBメモリースティックも、「まもなく発送されます」が二日続いてる。
そりゃ、グダグダ言いながら長すぎる世界樹をもうちょっとやろうって気にもなるさ。

B000MQ958A
B000MQ958A

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。