バタバタと函館

1245 letters | 534 views | コメントする

いろんな予定を早めたり後回しにしたりで時間を作り、遊びの一泊旅行。
さらにその前夜にボーリング大会もあり、さらに帰って葬式だったりでバタバタ。
行く前にネットで情報調べるはずが、そんな時間もなく慌ただしく、とにかく現地へ。
宿は決めていったけれども、それ以外は全くの無計画で行った。
あたしにとっては実に20年ぶりの函館で、どこをみるべきかも把握していない。
でもおかげで、ずっとみんなで団体で行動出来て親睦になったので結果として良かったのだが。



とりあえず着いた日は、路面電車に子供のように興奮しつつ、ロープウェイで山へ。
高いところが怖くてタマタマがギュワっと来る症状が今頃になって発覚。
怖くないつもりだったり、絶叫マシンも乗りたがる方なので、自分で意外。
欲しいお土産多すぎて悩むが、買い物は翌日と決めていたのでこの日は我慢。

路面電車で湯の川まで行き、結構歩いて宿泊先到着。
男だらけの五人部屋、浴衣にスリッパで屋上の露天風呂に行く旅館気分のホテル。
夕食はホテルの食べ飲み放題で食い過ぎ、さらに夜食に近くのラーメン食べて食い過ぎ。
朝食もホテルのビュッフェだが、品数が多いのでまた食い過ぎ。
ゆっくりと朝は10時くらいに出発。

路面電車に向かう途中、すれ違った車から4万円くらい入った財布がポイ捨てされる。
あたし一人だったら確実に、中身の札だけ失敬してその場に放置するのだが、
この見知らぬ土地でわざわざ交番を探す事に決まる。
やっぱりちゃんと教育を受けた人達は、肥溜めで一生過ごすあたしとは良識のレベルが違うね。

昨日の時点で自分が高所恐怖症だと気がついていたのにスッカリ忘れて、
五稜郭タワーに登ってガラス張りの床を見下ろして倒れそうになる。
もう壁づたいに小股でしか歩けなくなり、高いところばかり登らせる函館に逆ギレ。

昼食は海鮮がらみかジンギスカンかラッキーピエロか迷ったあげく、
ジンギスカンの食べ放題で食いすぎにさらに拍車。
赤レンガ倉庫でお土産を買い、帰りの電車で食べる用のラッキーピエロに行くが、
待ち時間30分と言うことで、食い過ぎのトドメは刺さらずにおとなしく帰った。

よその人が持ってきたPSPを初めて見たら、画面が大きくてすごく見やすい。
タッチペンが流行ってしまったけれども、それを使わないならDSより良いなと感じた。

いろんな事が初めての体験で、本気で楽しめた。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。