Elite Beat Agents

1630 letters | 568 views | コメントする

エリート・ビート・エージェントについて。
そういえば、バンカラが学ランで校歌を歌うとかいう文化は日本特有だった。
いかに面白いゲームであっても、応援団を外国で出しても意味不明だったりするのかもな。
そこで、海外版はマイクを持ったエージェントが歌って踊るという奇妙な物に変更。
応援団よりもっと意味不明に見えるのだが、アメ公にはこれで自然なのだろうか。
ゲーム部分は、あれほど面白いと感じた応援団をさらに超える面白さだ。



各ステージに一つずつストーリーがあるわけだが、日本版はたしかに日本風すぎた。
浪人生もドッジボールも選挙カーも祭りも、いかにも日本風だ。
逆にEBAも、あまりに米国くさい物が多く、海賊船を見つけて金持ちになる話とか、
悪者をやっつけてお礼に金塊を貰う話、石油を掘って金で女もイチコロになる話など、
成功=金というストレートな図式の物がいくつも出てくる。
日本では、金は悪という印象があるので、金を手に入れる話は楽しめない人が多いかも。
出てくるスポーツはアメフト、野球、100メートル走と、やっぱりアメリカ。
ハリウッド、カジノ、クリスマス、フラッシュダンス、400マイル、エアフォース、やっぱりアメリカ。
でもマンガは同じ絵だし、失敗したときの方が笑える所とか共通だし、
応援するゲームじゃなくて音に合わせてタッチするゲームなので、
マンガがつまらないからと言ってつまらなくなるゲームではない。

むしろ重要なのは、マンガよりも曲の方だ。
知らない洋楽だと、邦楽より楽しめないのじゃないかと思っていたが、
逆に、日本版は歌詞で選んでしまって音楽性が低かったと言うことに気づかされた。
EBAは応援団をやった人ですら未体験のリズムが満載で、しかも曲の悪さで腹が立たない。
曲にあわせてタッチできたときの感動がより大きくなる選曲ばかりで、
遊んでる最中に何度も何度もオモシレーってつぶやいてしまう。

ユーザービリティも大きく向上していて、イントロの長い曲はスキップ出来るし、
成功したときしか見れなかったリプレイは失敗時も見れる(らしい)し、
ハイスコアはスクロールしないので待たずに見れるし、
各面クリア時の結果も、ぬいぐるみの大きさが違うとか、
称号が上がったときに隠しステージが現れるとか、演出でモチベーションを上げてくれるし、
何もかもが応援団を超えている感じだ。

応援団をやってからEBAでもまだ楽しめるが、EBAをやってから応援団だと不満が募るかも。
例えばがんばって称号上げても隠しステージないとか不満になるだろうし、
音楽性が低く歌詞を聴かせるだけの、似通ったJ-POPが続いて退屈に感じるかも知れないし、
長いイントロを聴かなきゃ始まらないステージ、詳細が出ないハイスコア一覧など、
最初は面白くて気がつかないが、比較すると頭に来るという要素は沢山あった。

両方に軽く手を付けて、どっちも通常にクリアして終わりとかじゃなく、
どっちかで点数にこだわるほどやりこんだ方が面白いかと思う。
むしろ応援団やらないで、応援団やるだけの時間もEBAにつぎ込む方がオススメ。
ゲームよりもストーリー重視なら、応援団のマンガよりマンガ本の方がベター。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。