ポケモン山積みDS完売

両方完売か、両方余ってるか、どっちかだと予想していた。
ポケモンだけ売るほど余ってる理由は二つ。



一つは単純な供給過剰。
一時期ほどの人気がないとか、人気はあるけどそれにしても作りすぎたとか。
脳トレを初めとして大人が買ってる機械だから、ポケモンやる層ではないとか。
もう一つは、本体の供給不足でポケモンだけ買っても仕方ないってパターン。
せっかく欲しい人がいるのに、つまり需要があるのに、
その、今欲しい人に売ることが出来ないせいで、あわせてソフトも買わせる事が出来ない。
これも覚悟の上での現在の流通量なのか。
あまりにもDSを供給しすぎると、今度はいつでも買えると思われて売れなくなっちゃうから、
今みたいに、必死な人は走り回ったりオークションしてでも買うが、
そうでもしないと手に入りにくい状況の方が、ロングランで多く売れちゃう物なのかも。
その売ったDSが、中古屋でだぶついていようが、転売目的で買いしめられようが、
作った側からしてみれば同じ売り上げなわけで、望んでやってるのかも。
素人目には、もっと製造すればもっと売れると考えたけど、これも戦略なのかもな。
現に、その余ってるポケモンを見て、いつでも買えそうだと感じたし。

さて、手元のDSライトだが、最近は携帯電話とかで液晶画面にはずいぶん慣れたが、
その携帯の液晶には必ず付いている物が、DSライトにはついていない。
それは透明な保護シールだ。
といっても、あたしゃ携帯買ったらまず、どうせはげるんだから保護シールは当日はがす。
シール系は嫌いな方で、プラモでもはがれそうな物は初めから貼らない。
だいたい、液晶の場合はその保護シールのせいで画面が見にくいし。
しかし、初めから貼ってないDSライトには、貼ってて当然と思ったから違和感を感じた。
ひょっとして初期貼り忘れ?それとも旧DSには貼っててDSLは貼ってないとか?
どっちにしても、携帯ですら液晶は保護する物なのに、子供向け機で貼ってないのは不自然。
さらに、電源を入れて日付の設定をする際にタッチペンを使って気がついたが、
携帯は液晶を触らないから保護シールが要らないんであって、DSはタッチペンで触る。
しかもゲームだから、優しくタッチペンを使うよう心がけるのはそもそも無理。
よってこの日は、ともかく保護シールだけは買わなきゃと言うことで出掛けたのだ。
サイバーガジェットのを買ったのだが、携帯の保護シールと違って全然気にならない。
ぺらぺらじゃないせいなのか、透明度が違うのか、ともかく、これなら貼ってよかった。
上下画面に一枚ずつのセットだが、必要なのはタッチに使う下画面だけじゃなかろうか。

さらにそれから、タッチペンが小さすぎて、握ってると手が痛くなっちゃう。
しかも、画面の左側をタッチするとき自分の手で画面の右側が隠れてしまう。
こんな事は考えればすぐわかったことだが、今さら気がついてしまった。
保護シールの隣に売ってあった、長いタッチペンとか、太いグリップかも買うべきかも。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。