しつこくESCAPE R2の話#2

2291 letters | 446 views | コメントする

こんなに自転車の話を書く予定はなかったのだがな。
筋肉痛に関しては、度を超さない限りは心地よいもので、ピークは越えた。
土曜日の帰り道で時間を計り、月曜の朝はそれよりちょっと早く着いちゃって、
今朝はもうちょっと遅く出たけど、それでもちょっと早く着いているので、
だんだん自転車に慣れてきて、慣性のみで走ってる時間が減っているのだろう。
相変わらず疲れるのが嫌な脂肪肝男(31)なので、スピードを出す気はなく、
飛ばすつもりがなくても所要時間が減ってると言うことはそういうことだよな。
それでもまだ、自転車降りてすぐは、うまく歩けないほどなので、体力不足は決定的だが。



今日は駅前町のテナントの写真を撮りに、わざわざ自転車で出動した。
だって歩くの面倒くさいもん。脂肪肝だし。
そしたらね、デジカメを持って行くためにわざわざリュックが必要でしょ。
だからついついHRVで行きたくなるね、歩く距離なのに。
で、自転車で行って、着いたはいいけどスタンドがないから建物に立てかける。
実に汎用性が低いものだ。

あと、右足首のバンド、毎回巻き忘れて、途中で気がついて止まって巻く。
これって、昔乗ってたチャリに不要のものだったから、習慣がなかなかつかないんだな。
すると今度は、降りてもバンドを外す事を忘れて、気がついて自転車に戻しに行く。
新しいことに対応する能力がどんどん低下しているんだろう。

シフトレバーは、高校/大学時代に乗ってたチャリはフレームについていて、
屈んで手を伸ばして変速していたわけだが、いや、正確には変速なんてしてなかったが、
ESCAPE R2を含め、こういうチャリはハンドルに付いてるのが当たり前なんだろうな。
中学校の時乗ったチャリも、ハンドル握ったまま両親指でシフト出来るヤツだった。
だがあたしゃ結局、坂だろうがなんだろうが、ギア変えないで乗っちゃうから、
その位置にあって便利と思うどころか、むしろ邪魔。
両レバーとも、グリップ普通に握ったら、親指伸ばさなくても親指とぶつかる。
もうちょっとセンターよりの位置に付いてて欲しいな。
どうせ滅多にいじらないんだし。
あたしにとってギアは変速するためにあるのではなくて、
自分にあったギア比になるそのたった1つの組み合わせだけあれば結構。
同じURLを何回も貼ることになるが、
http://www.u-rinkan.com/syohin/giant_escape_r2.html
これの写真では、グリップとレバーが付いてる位置の間に1.5センチほど空きがある。
あたしのはピッタリとグリップにくっついてるので、もう少し離して貰おうかな。

最後に、気になってたんだけど、ベルって法律で付ける義務でもあるんだろうか。
あたし的に、自転車にベルはいらないんだが、これだけは初めから付いてきた。
自転車は自分で制御できるスピードで走るものであり、ベルで他人をどかそうとか言語道断。
車なら、お互い自分の存在を主張し合う危険回避のクラクションは有効だが、
自転車は危険回避のために停止するべきであり、
停止できないほど余裕ないくせに、チリンチリンする余裕はあるなんて傲慢すぎるぜ。
止まるのが面倒な理由は、足が届かない(違法)とか、飛ばすのに夢中とかだろうから、
チャリに乗っていいようなマトモな人間でもないわけで、
ちゃんと乗ってればゆっくりブレーキして片足を付ける余裕があって当たり前。
結局ベルはいらんぞ。
学生時代に乗ってたチャリは、段差で勝手に鳴るので、絶対鳴らないように処置してた。
すなわち必要なときも鳴らせないわけだが、必要なときなど一度もなかったよ。
殺人を犯しても捕まらない権利があれば、チャリのベルならしてるヤツは即○○だ。
または法律を変える権利があれば、チャリにベルを取り付けたら逆に懲役刑にするさ。
そんな権利は存在しないからコソコソとネットで悪口でも書くさ。

B000A85PL6
B000A85PL6

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。