RSSフィードの改悪

昨日のログをみたら、世界各国の様々なドメインからアクセスが記録されていた。
たまには無関係外人が迷い込むことはあっても、こんなに一度に来たのは初めて。
で、生ログの方で詳細を見てみたら、全部robots.txtへのアクセスだった。
UAは全てLinuxのFirefoxになっているし、ほんの数分の間に一気にこいつらはやって来た。
同じまたは類似したリモホから来てればクロールかな?って思うけど。
いろんな国のリモホから一気にrobots.txtって、いろんな事を勘ぐってしまう。
その一つとして、更新Ping先のどれかが世界配信始めたか?みたいなね。
ウチは国内配信の所にしか発射してないつもりなんだがね。
それに、もしそうなら、robots.txtではなくrss.rdfにクロール来るだろうと。
そんなこんなで、rss.rdfに興味がいったので、これをいじった話。
ここまでの前振りは全く関係ないのであしからず。



さて、あたしゃRSSリーダー的なものは使っていないんだがね。
良く行くサイトをRSSリーダーに登録し、更新したときだけ見に行くといいらしいな。
あたしゃThunderbirdしかRSS見れるものは知らないので、それの話だが、
Thunderbirdの場合はブラウザなしでブログが見れるから超便利だろうな。
いやね、ブログばっかりチェックしてるわけじゃないから、あたしゃ利用してないけどね。
たとえば、content:encodedっちゅうタグが埋め込まれていると、
このタグで囲まれた部分は、サイドバー等を含まない日記1ページ分なので、
いちいちそれぞれのサイトを表示せず、RSSにしかアクセスせずに読むことが出来る。
そのタグがなかった場合は、サイトの該当ページを自動で表示させる。
たぶん、ブログ追いかけてる人には便利なんだろうけどさ。
rss.rdfにアクセス集中してる状態が気にくわないので、
RSSリーダーだけじゃあまり使いやすくないような作りにあえて改造してみた。
画像やらリンクやら、改行のタグやらをRSSには含ませない仕様にしてみる。
これで、Thunderbirdに表示されるものには改行も画像もリンクも無くなるはず。
で、知らんけど別のRSSリーダーでも読みにくくなってるはずだよ。
読みにくいのがイヤだからもう読まないって人に期待している。
いっとくがウチのRSSは人間のためにあるんじゃないぜ。
そもそもこのサイト自体、人間に読ませるために書いてる部分はごく一部だ。
ウチのRSSは、更新Ping送信先に読み込ませ、
知らない人が間違って訪問してガッカリするために必要なんであって、
更新を待ちわびて読む意気込みのある人に利用される気はないぞと。
だから、RSSにはウソを書くのではなく、人間に不便なように改悪する。
検索エンジンとかの、非人間に影響がなければそれでいい。

そういった形で、機械共のみを相手にしてアレコレやって来たわけだが、
それが実って最近は、毎日多様な検索ワードでググって間違い訪問が来ている。
あー、そのキーワードで探すならここには情報ないよ!っていう人ばっかりだ。

484432215X
484432215X

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。