女人禁制の話

ロシアのオリンピック選手にメスの秋田犬をあげたら、名前をマサルにした話あったろ。
マサルは勝つって言う意味、ババァがマサルに決めた、メスしか飼えないってやつ。
これって別に、他人のしかも外国人がメス犬にどう名付けようがどうでも良い話だ。
どうでも良いんだけど、マサルは男の名前なのになぁと、みんなモヤモヤしてた。
人間の男に多い名前を、犬のメスに与える事、いや別にいいんだけど、なんか違う。
ほっとけば良いのに、なぜ、そのロシア人にそれは男の名前だと指摘したがるのか。
男の名前を男でも人間でもない犬に付ける事が、そんなに許せないのか。
いや、許せないわけじゃないんだけど、なんだか日本人はモヤモヤしちゃう。
この「男か女かを区別したがる気持ち」が日本人に存在する事を否定できない。
それは男の名前だよって言わないやつはいない。
でも、それがなぜ男の名前なのか、明確な理由まで求められたらうざいだろ。
あのロシア人が、犬に好きな名前を付けられない理由を求めてきたらうざいだろ。
それが今、土俵に女は上がるなって問題とそっくりだと思うわけ。
あたしはどっちの味方もしないけど、強く文句をいってる人の敵にはなる。
なんの理由もなく、ただただ、日本じゃ土俵はそう言うものだでいいじゃん。
そこに文句言ってる人って、メス犬にマサルって付けたらモヤモヤする理由言えるの?
確かに相撲はおかしいけど、おかしいところをあまり強く突く人の方がもっとおかしい。



どうなんだろうか、女人禁制を完全撤廃したい人と、緊急時のみの人がいるんだろうな。
緊急時のみの人は、まぁ昔からやってる事ならある程度は尊重しようって事だろう。
それって、メス犬にマサルはおかしいって言われたら、別の名前を考えるタイプだ。
完全撤廃の人はもう、メス犬にマサルがおかしくなくなるまで戦うタイプだ。
まぁ別に完全撤廃しても良いし、知ったこっちゃないけど、主張が強すぎるよね。
マサルという名を男にだけ付ける方がおかしい見たいな事を言われてるも同然だ。
単にマサルという男が多いから、メス犬のマサルに違和感があるだけだよ。
同様に、ずっと女人禁制でやって来た連中も、それで許されると思ってるんだろ。
なんの取り柄もない社会適応出来ない乱暴なデブの、最後の受け皿が相撲だよ。
まともなやつがいるわけがない。
そんな奴らでも伝統を守っていこうとがんばってるのはけなげじゃないか。
自分だってマサルでモヤモヤする気持ちはあるんだから、そんなに差は無いよ。
デブ共も、伝統で女人禁制でやって来たのに、急にいじめられてかわいそうじゃないか。
しかもそのいじめてる側も、マサルでモヤモヤする同類なのに自分のことは棚に上げて。

ホントに女人禁制に反対する気も賛成する気もないんだぜ。
ただ、バッシングしてる側にも思い当たる節があるだろうと。
たかが犬の名前ですら区別しろと文句を言って、土俵は区別するなと文句を言う。
ホントにどっちの味方もしたくないけど、批判されてる方をかばいがち。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。