セイシトバナイ

1853 letters | 889 views | コメントする

 近頃、と言ってもまぁ少なくとも去年の秋ぐらいには感じていたことだが、射精の勢いがなくなってしまった。目に見える現象としては、ドピュっとしてたものがとろとろっと出るようになってる。でもそれは第三者的な表現であって、本人としてはイク前から漏れ出ててる感じ。厳密にはイク=射精ではないんだろうが、出そうで出そうでもう我慢出来なくて出るぞってところをイクだとすれは、そのもうそろそろ出ちゃうぞって思ってるときには既に出ちゃってるんだな。人によってはイク前からカウパー氏腺液が漏れているのがデフォだったりするようだが、あたしの場合はそれを明確に確認したことがなく、外出ししようとしたのに一部中出しになっちゃったとかって事は経験がない。しかし今はきっと、もうイクぞって思ってるときは既に射精が一部行われているに違いない。以前はなかったイク前の漏れが今は発生するようになり、漏れ分があるせいで後発の勢いがなくなってるって感じ。



 このことを多少ググって見たら、個人差で飛ぶ人と飛ばない人がいるとか、年齢で飛ばなくなった人も飛ぶようになった人もいるとか、我慢しないと飛ばないよとか、まぁいろいろ出て来てるわけだ。その辺も踏まえた上で自分のことだが、その我慢して飛ばすかどうかってのは確かにわかる話で、しかもやってみようと思えばすぐにでも試せることなのでやってみたんだけど、そもそも我慢しはじめが遅かったわ。以前の感覚でもうこの辺から我慢だぞって言うラインに到達してるとき今は既に漏れ出ている。すなわち我慢でどうにかするならば、まだイクような時間帯じゃなくてもイク警戒をして我慢を始めなきゃならないようだ。そのラインがどの辺なのかイマイチつかめない。

 射精ってのは完全にテンパった状況でするものであり、冷静に分析出来るものではないので、普通に放尿で置き換えて考えるならば、オシッコをしようとトイレに向かったとき既に漏らしているようなものだよね。あたしは以前、オシッコ開始前は別に問題ないけどオシッコ終了後の漏れが酷かった時期があり、それが前立腺の肥大によるものだということは世界共通の男性によくある問題だったため、海外からサプリだの薬物だのを個人輸入して飲み始めて、今ではすっかり残尿問題とはオサラバしている。前立腺を肥大させる原因と頭髪をハゲさせる原因は一緒なので、前立腺をどうにかする薬物が効いているって事は、ハゲ防止にも効いているという事は疑いのないことなんだけど、ハゲの方はストップ出来てないように感じている。つー事はつまりは前立腺の薬物なしだったらもっと急速にハゲが進行しているだろう。薬が効いてもなおややハゲ進行という方向で。ともかく、前立腺の方に問題があった時点では、その残尿を我慢でストップさせたり逆に出しきったりと言うことが難しかった訳だが、今はもう残尿が何ともなくなってるのに射精の方が垂れ流しになっちゃったような感覚。

 こんな感じになった頃、嫁には「ちんちんが馬鹿になった」と表現していたわけで、意味がわからなかっただろう。本人だってようやく意味がわかってきた所なんだ。まだ戦えるはずのタイミングで既にちんちんだけ降参してる状況なわけで、やはり当初は馬鹿になったという表現しか見あたらなかった。そして最近わかってきて、自分の感覚では漏れてる感じなので、漏れてるって事をググって調べようとしたんだけど、よその人は中出しした精子が膣から漏れるとか言うことにばっかり興味があるみたいで、あたしの意図したような話には到達出来なかった。それで今度は漏れることより飛ばないことで調べたらまぁまぁわかった。でもあたしは飛ばない事の原因が漏れてることだとわかっているわけで、イク前からもう出ちゃってる事に興味があるんだけどね。

 やっぱり我慢して一気にドピュッと出した方が気持ちいいと思うので、この現象は改善したいと思っている。まぁでも年だしな。それ以上にあやしいサプリと薬物を飲みすぎだしな。性的な機能に影響しそうなものをあえて摂取してきたので、それによっておかしくなってても不思議ではない。どこかのサイトでプロホルモンやドーピングで精子の量が増えるとかって書いてたけど、あたしの場合は別に増えた感じしなくて、いっぱい出した方が気持ちいいって言う現象も体験していない。逆にそういう薬物でこの漏れが発生してしまったのなら残念だね。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。