長かった35歳

1604 letters | 950 views | コメントする

年を取るほど一年はあっという間と言うけれども、35歳はとても長い一年だった。
下の子が保育園に行ってまだ一年しか経ってないとは思えないほど、かなり昔の気がしてくる。
上の子の誕生日なんて本当に一年に一回やってるのか疑いたくなるほど、遙か昔の話に思えてくる。
去年の春は夏タイヤを買ったけど、それからまだ一年って事にも驚く。
それで、35歳は何をしてたか、自分の日記で振り返ってみたが、後半はゲームばかりで、
なるほど、ゲームに没頭したから、ゲームを始める前の記憶がすごい過去に感じられたわけね。
たぶんゲームやりすぎて頭がおかしくなってるんだと思うし、この調子で生きるのは良くないと思う。
しかしまた何かビッグな物にはまるまでは、とりあえずゲームなんだろうか。



ゲームしつつ筋トレも休んでないので、いや、筋トレより薬物を休んでないという理由の方が大きいが、
筋肉は増えたし脂肪は減ったし、続けてればまだまだ行けそうなのでモチベーションも落ちてない。
1年前はまだダンベルを使ってたけれども、身一つにこだわってからの方が成果は大きい。
ウェイトを使ってないのでウェイトレスか?と思ったが、自分の体がウェイトになってるし、
自分の体より重いウェイトを部屋に置く気がないので、やはり身一つは今後も続けるだろう。
いや別に身一つの方が優れてると言うわけではなく、あたしのライフスタイルや筋力に合ってるというだけで、
やはりやり方がよくなった事より薬物がよくなったと言う事の成果に関わるわけで、
それまでは奇数の月だけプロホルモンで増強していた物が、偶数の月はサルブタモールで増強し始め、
そりゃオンとオフを繰り返すより、オン1とオン2を繰り返した方が成果が上がって当然だ。
自分の腹筋を鏡で見て喜ぶ36歳が訪れるとは想像してなかった。
あたしは成果以上に継続を重視するため、自分でも継続出来るような方法を考えるに到り、
結局は我流で5分しか筋トレしてないけれども、ちゃんとしたやり方でやって且つ薬物も利用すれば、
ホントはもっと成果が期待できるのかも知れない。

頭髪の方は、もう失った分は帰ってこなくても、進行はしてない感じ。
20代に比べたら絶対的に少ないし、ハゲはどんどん加速してると感じていたけれども、
最近と1年前を比べたら、あれれ、もっとハゲるはずじゃなかったのかって気がしてくる。
もちろんプロホルモンもハゲる成分ほど良く効くので、むしろハゲの加速は強まるつもりだったのに、
やはり1日10円のインド産偽ハゲ薬が、昨今のハゲストップに貢献しているとしか思えない。
効かないって人は、たぶん生まれ持ったハゲの力に薬の力が勝てないだけで、
勝てないまでも抵抗は出来てるはずなので、飲まなきゃもっと禿げるかと思う。

お腹の調子は大変よく、1日3回位は排便するが毎回瞬殺なので、これは痔にも良い事らしい。
あたしの痔はやはり、お腹の調子が悪いせいって理由が大きかったと思う。
腹と痔のためにもプロバイオティクスのサプリはもうやめられなくなったし、
プロテインも多く飲んだ方がブリブリ排便出来る感じなので続けたい。
痔と言えば、穴ルを刺激してみたのも35歳で初だが、最近すっかり忘れてた。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。